2007年3月24日 (土)

亜細亜☆オジ対決

1_140  ちょこっと前になりますが、『エレクション(黒社會)』を垣間見てきました。 香港金像奨4部門を独占受賞した作品ということで気になっていたんですが、単館上映。しかもレイトショーだけだったので、ちょっとアセっての鑑賞。レポも遅くなってしまいました。
 公式サイト: 『エレクション (黒社會)』 (日本)
         『黒社會 election (香港)
 
 原題を見てのとおり、香港”黒社會”を描いた作品なのですが、邦題通り”選挙(エレクション)”のハナシ。 ドンパチはチラッと見せるだけで、会長選挙に向けてひたすら暗躍する二人の候補者の権力闘争を描き出したものでした。
2_118  黒社會も政治家社会と同じく、派閥がモノをいう社会。 人望も篤く、冷静沈着なロク(任達華 サイモン・ヤム)につくか、成り上がりの新勢力。カネで票を買いあさる男・ディー(梁家輝 レオン・カーファイ)にのってみるか・・・揺れる組織。
 
   香港映画でボスか警部だといえばこのひと任達華
 
 いつものごとく銃撃戦満載のアクション映画に仕上げることもできたテーマなのに、監督の杜琪峰(ジョニー・トー)は地味ーに魅せ、見かけの派手さよりも、欲望・野望、貪欲さ等人間の内面を浮き彫りにする手法を取ってきたようです。 ・・・なのでその分、リアリティが感じられましたネ。 内面を表現するとあって、役者ひとりひとりの演技がズシッと重たくて、シブい! 逆光を活かしたシーンとか特にカッコよかったです。
3_77  家輝。ジャン=ジャック・アノー作品『愛人』で凛々しい中国紳士を演じているより、チンピラ演ってるこのひとが断然すきカモ。(笑)
  
 ( 聯合報
 
 忠実な弟分・古天樂 (ルイス・クー)もキチンと画面で拝見したのははじめてですが、目ヂカラのある俳優さんですねー♪ 続編「以和為貴」での活躍が期待されます。 まぁ、とにかく女が一人も出てこないので、男だらけの作品。あ。一人大Dの奥さんがいたケド・・・(笑) 余計な部分はまったくなく、じっくりいぶしぎんに仕上げてくれているあたり、コッポラ監督の名作『ゴッド・ファーザーⅡ』を彷彿させるような映画でした。 ←アレ?ちょっと誉めすぎ??
 
 香港のオジたちはいぶしぎん。でいて、ちょいワルなのがステキ☆
 黄秋生(アンソニー・ウォン)も忘れてはならないちょいワルオジさまの一人です。
 4_4642_2
 
 
 
 
 
 
  
 ( 南方網娯楽
 
 秋生さんは、杜琪峰監督の『放・逐』にもご出演されてるそうで。。。
 かつては”人肉饅頭”なんかもこさえてましたネー♪プププ。
 
 対して、台湾のオジさまたち。
 ただいま、何気に観ていたはずの 『求婚事務所』 にハマってて・・・。(笑)
 6_5 5_11
 
 
 
 
 
 
 
 「第5章 致命的吸引力」で登場する、張國柱(チャン・クォチュー)
 王家衛作品でもお馴染みの張震(チャン・チェン)のパパ。 『流星花園』では西門の、『MARS』では零の父役を演じてらっしゃった台湾ベテラン俳優さんです。 『求婚事務所』にも出演されてるんですが、コレがまたナカナカでして・・・♪ 張震パパの魅力再発見☆
 
 台湾のオジさまといえば、侯孝賢映画の常連 高捷(ガオ・ジェ)もハズせません。日本のオジ・高倉健 似のシブさを兼ね備えた俳優さんです。
 ちょいワル香港オジに対し、台湾のオジさまはちとお品がよろしいようにお見受けします♪ どちらもそれぞれステキですねー。
 大陸のオジさま。わが国日本のオジさま俳優さんで、対抗できる方ってどなたになるんでしょ?? よろしければお寄せください。

| | コメント (4)

2006年12月21日 (木)

ゾクゾク公開

1_95
 『満城尽帯黄金甲』と入れ代わりで、北京→広州→香港・・・劉偉強(アンドリュー・ラウ)監督の新作『傷城 Confession of Pain』も後追い首映會が開催☆ クリスマス~旧正月のかき入れ時前に新作映画がゾクゾク公開されています。
 
 新浪娯楽サイト: 『傷城 Confession of Pain
 
 4_32
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 19日に行われた香港プレミアには、主題歌「Secret」を歌う日本の歌姫もゲストで出席。いきなり混ざっているので、ちとびっくりでした。(笑)
 2_85 3_43
 
  
 
 
 
 右の写真のトニーにちとびっくり!(爆)
  
 (新浪娯楽(組図): 1  2
 
 公開日が同時期ということで、『黄金甲』についてのコメントを求められることが多いみたいです。モゥ。時代も内容もぜんぜん別物なのに!私は両方とも観たいんですけどねぇ。
 久々にご登場の梁朝偉(トニー・レオン)の新作だからというのはモチロンありますが、今回は役どころもいつもとチガウらしいので、とりわけ楽しみ♪ ”眼神殺人ですって!トニーの目ヂカラ、向かうところ敵ナシですから・・・。(爆) 金城武は、”灌醉自己”。心の傷を癒すため、酒に溺れてゆく役どころのようです。( 自由電子報
 
 役づくりのため、トニーをこんなに痩せさせた、李安監督の『色、戒』も楽しみ☆ いつものことですが、日本公開はいつなのだ?一気にやって来そうでコワイ。。。

| | コメント (3)

2006年12月18日 (月)

なかよしこよし 代言篇

 Jayのことも気になります(あなたの記事は多すぎます・・・) が、北京といえば今はこのひと。
 6_4
 小綜
 
 土曜日に行われたAdidas北京店の開幕イベントに出席。同じくイベントをハシゴした唐嫣とパチリ。さわやか青春Adidas。カワイイ♪4A廣告大典の時とはうって変わって、スポーティ・ジョセフです。
  
 おヒゲがだんだんのびてきたようですね。スタイルによって、印象がころころ変わってみえるのは、元モデルのなせるワザ。そのひとつひとつにドキドキしてしまいますー。
 8_2  
 えぢもやって来ていたみたい。
 北京、行き時だったかもー
 ・・・油断もスキもないな、この世界。。。
 
 ( 捜狐娯楽
 
 
 ところ変わって、台北。同じ日になかよしの小美は、Wranglerのイベントに出席。来季のカタログに登場するモデルコンテストにゲスト出演されてました。
 2_82 3_37 4_27 5_15
    1_92
 今月28日に、23歳のお誕生日を迎える小美のために、ジーンズ形のバースデーケーキが用意され、感激したご様子。
 来年は、念願の映画出演を叶えたい。と、抱負を語ってくれたそうですヨ。待ち遠しい・・・♪
 
 
  
 
 場所こそ違えど、同時期に代言活動。そして来年は映画・・・って同じ夢を。。。(笑) 小綜と小美、なかよしすぎです。でもカワイイ☆
 ちなみに小美のお誕生日会は、12/24 (日)。クリスマス・イヴに行われる模様。(いちおうメッセージは託してみたりして・・・最近、こなれてきちゃいました。笑) 小綜も親友のお誕生日までには返台して、お祝いしてあげるのかなぁ♪

| | コメント (2)

2006年11月22日 (水)

エヂと農夫

 たまたま見つけたこの写真。 1_69
  
 
 
 
 
 
 やっぱイイなぁ♪このひと
 
 
 
 
 
   
 ということで、ひさびさに陳冠希(エディソン・チャン)に想いをはせてみました。

 杰倫が上海で歌っていた頃、エヂも銅鑼灣で行われたLiveイベントに、ゲスト出演。 feat.Edison曲なんかもつくって、エヂとコラボしてるHip Hop組合:農夫 Famaとパフォーマンスを魅せてきたようです。

 さてこの農夫 Famaのアルバム音樂大亨、エヂの他にも林一峰(チェット・ラム)王浩信(ビンセント・ウォン)、嘉林(ガーラム)が参加したりとなにやら豪華。そしておもしろそ~♪ feat.エヂの「愛似陳冠希(めちゃめちゃEdison)というHip Hop曲の試聴サイトが見つからず(涙)、代わりに「愛似林一峰(めっちゃチェット・ラム)を聴いてきました。思ってたよりこれはスローな曲、で。歌詞がおもしろーい☆・・・と思うの。たぶん。。。ちゃんと訳せないのが無念です。POPでちとおちゃめ。どこか軟硬天師ぽくもあり、注目のユニットかも♪
 詳しくはコチラ→ 農夫 官網農夫歌詞網
 feat.されたエヂですが、来年はじめて北京語のアルバム(碟?)をリリースする計画があるらしく、まず広東語盤を来年の3月にリリースするんだそう。実はえぢが歌うところって見たことがないので、どんなだか楽しみです。
 さらに12月には上海でお店をオープンさせるらしいですよー。上海に行く際は、杰倫の歌う蝋人形とともにチェックいたしましょう。
 ( 明報新浪娯楽
 
 そして彼の地、アメリカでもfeat.エヂ!
 米映画『不死咒怨Ⅱ』に出演を果たしたことで、雑誌「People」の'06年度 全世界最もセクシーな男、新人王の一人に選ばれちゃったよう!!インターナショナルになってきたエヂのこれからが楽しみですねー。 ( 東方日報

| | コメント (2)

2006年11月 1日 (水)

ゾク・ゾクゾク来日

1_22
 仔仔お手ふり@スペイン坂から始まったこの一週間。東京国際映画祭に陳冠希(えぢ)が来て、ヴァネがASIAN NEXT PAX MUSICA 2006でLiveをブチかまし、怒涛のごとく過ぎてゆきました。
 記者会見で、またしても落ち着きのなひえぢー。(笑)蘋果日報
 2_56
 Liveイベントでは「零度差」「幻想這愛」「RASTA」をご披露したヴァネ。各地で披露しちゃってるけど、そろそろアルバム化してほしい。。。最近の定番ラインナップになりつつありますね。このタンクトップの着こなしもヴァネならでは♪すごいデス。蘋果日報
 「来年は映画の撮影計画がある。」
 以前 mariaさん に、洪金寶(サモ・ハン)の息子さん洪天祥(TensionのJimmy)と、ヴァネがなかよしだ。と聞いたことがありますが、「SMASH AND GRAB(天地仁和)」という映画会社を立ち上げる際、創業資金を出資したそうです。(つまりは筆頭株主さん?) 映画会社の場所は、東区。麻吉の事務所と同じ屋根の下らしいですよ。何やら楽しそうな会社で、『The Job』という映画の製作を検討中だとか。4人の泥棒のおハナシで、ヴァネと麻吉の黄立行(スタンリー・ホァン)そして洪天祥が監督兼業でキャスティングされる予定だそうです。残り1名は、日本の女性スターを予定しているんだとか?!いったいどなたが・・・?!ドキドキです。   ( 網易 NET EASE
 「F4將再度合體」って洩らした。ともあるけど、ほんまでしょうか。。。このテの噂に翻弄されすぎて、ちょっとうんざり。でも「狼少年」みたいに今度こそホントだったらどうしよう。とりあえず落ち着こうね。(笑)
 イベント翌日すぐ返台して、すぐさま淡水へ!李玟(ココ・リー)演唱會まで踊りぬいたヴァネ。 3_18 4_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 「Hip Hop Tonight」絡みすぎですから・・・。 よくよく見るとヴァネのTシャツ、ゲイシャプリントではないの!! もしや日本のおみやでしょうか? 
 ということで一波去りましたが、今月から再来月にかけても引き続き、まだまだ明星たちが押寄せてくるようです☆ 何が何だかわからなくなる前にまとめとこ!⇒ ご光臨カレンダー 
  
 さらに、週末上海でモデル歩きしてたこのお方↓が11月下旬に来日(11/3テイセイ)というハナシも出てますが、どうなるのでしょう。 5_5 6_1
 
 
 
 
 
 
 
  
めちゃ好帥! 
新浪娯楽
 
 お祭りはじめに、明日11月2日(木)深夜26:35から TBS 『流星花園~花より男子~』 の放映が開始!月・火・木の週3回放送だそうです。お初の方ももう見た方もお見逃しなきよう。まずは F4相性占い でもなさってドキドキしながら放映をお待ちください。
 
 この間海外でも、11月7日は北京で百事イベント (11/3テイセイ) 月末は台湾金馬奬。合間合間に杰倫の大陸イベントが入り込んできて、なんか落ち着かないこのごろ。このまま年が明けるんぢゃないかしら?って気分です。
 ご光臨うれしいけれど、マナーだけはキチンと守って落ち着いて参加したいですね。特に、殿! ”安全第一”でないとホントに叱られちゃいますよ。

| | コメント (11)

2006年10月19日 (木)

ゾクゾク来日!

 大切な時期にメンテナンス。ようやく終わりました。ふぅ。・・・で、フタを開けたら来日情報がてんこもり!今秋はゾクゾクですよー☆
 1_17
 はやくも今週末から、お祭りデス。(笑) 先日 F4 NEWS(速報) でお知らせした仔仔 来日の詳細情報から♪ すでに渋谷ハチ公前には『Silence~深情密碼~』の屋外広告がデデ~ンと設置され、お迎えの準備もバッチリ。さっそく 華流Festa! Shop 店長ブログ さんでも、あちらの 自由電子報 記事でも写真が公開されているようです。当初”キャスト一行の来日”と発表されておりましたが、王傳一(ワン・チュアンイー)くんと二人で来日。どうやら柴Pも同行するらしいですヨ。ご光臨は10月21日(土)の予定。その翌日夜はお馴染みスペイン坂にて、Tokyo FMの公録イベントが行われるようです。
 
 番組:山内トモコのTOKYOエンターテインメントステーション
 日時:2006年10月22日(日)21:00~(予定)
 会場:TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオ(渋谷パルコPartⅠ 1F)


 F4 オフィシャルサイト PICK UP・ F4 TV さんで注意事項をよくよく確認してから、お出かけください☆
 
 ところで、この屋外広告、下の文章が気になりません? そうなのです。新春放映の日本版『花より男子Ⅱ』に先駆け、台湾版『流星花園~花より男子~』めでたく地上波放送されることに~!TBSにて11月放映開始予定だそうです。しかし悲しい哉。私は関西なのでたぶん見れませぬ。
 実は今、ちょうど見直してたトコだったんですよね、『流星』♪(←何回目だよ?!) 当初、道明寺に心奪われたドラマでしたが、今となっては美作くんしか目に入らず、メインストーリーを追いきれなくって困ってます。(笑) そんな美作ヴァネらも、27日の  ASIAN NEXT PAX MUSICA 2006. に向けて来日間近☆ 二人が同台することとかあったらコトですね。行かないのですが、もしや?と思うとドキドキします・・・。
 
 同時に今週末は 第19 東京国際映画祭 。気になるゲストの中には、『江湖(ベルベット・レイン)』でステキすぎたあの方
 
 陳冠希(エディソン・チャン)
 
 のお名前もありました♪
 コンペティションに選ばれた 『狗咬狗(ドッグ・バイト・ドッグ)』  (香港サイト) をひっさげての来日。今作では、殺し屋を演じているようです、えぢ!! 相対する刑事役に、李燦森(サム・リー)。各国の映画祭にも出品されている話題作なので、ホントに楽しみ。えぢの演技が見ものです。
 他にも、杜[シ文]澤(チャップマン・ トー)主演の 『伊沙貝拉(イザベラ)』 。春に香港の街角でポスターを見かけ、空気感とか全体の色の感じがすごくすき。ってことで気になっていた作品です♪ さらに、譚耀文(パトリック・タム)監督、郭富城(アーロン・クォック)主演の 『父子』 。そしてカンヌ映画祭時( 大S 初★カンヌ )に触れた台湾映画 『詭絲(シルク)』 。ホラーは大っキライな私ですが、張震(チャン・チェン)と江口&大Sのシーンが見たいので、公開が待ち遠しい作品なのです。劉徳華(アンディ・ラウ)率いるFocus Films Limitedセレクション(FFC)は、今回5作品もノミネされてますねー。 『瘋狂的石頭(Crazy Stone)』 がおもしろおかしいと評判なので見てみたいっ!劇場公開されることを信じて、ココで待ってることにします。(泣)

 10月末といえば、 TOKYO ASIA MUSIC MARKET っていうイベントもありましたなー。今月末の東京は、街を歩けば”明星”にぶつかる。ってほどの賑わいかも。。。(羨)
 
 ということで、ハジメからオワリまでお祭り騒ぎの10月ですが、11月もまだまだ来日祭は続くよう。翌11月25日には、孝天がファンミってウワサ♪ お料理本「朱孝天的美味關係」『天空之城』DVDのプロモのための来日だそうです。予定は未定ですが、お心積りのほどを。。。 (ホント落ち着きましょうネ。・・・って自分に言い聞かせてます。。。)
 
 そういや でかい このひと も来るって言ってなかったっけー!ちょっと来すぎ!!(爆)
 なんでも台湾版『流星花園』をTBSで放映した後は、 『イタズラなKiss~惡作劇之吻 ~』. の地上波放映も予定されているんだそうです。それはプロモに来なくちゃねー。 (現時点では未定とのことなので、10/20テイセイしました。)うれしいんだけど、なんだか最近スゴすぎよう。。。

| | コメント (8)

2006年10月14日 (土)

今週の杰倫フェアー

 昨夜は「POP JAM」。今朝は「知っとこ!」。 来阪騒ぎから10日経ちましたが、杰倫フェアーは依然継続中です。
 
 記憶が千里之外に飛んだため、放映を待ち焦がれていた「POP JAM」。ようやく冷静に鑑賞することができました♪ 落ち着いてみると、めちゃめちゃキンチョーしてましたね!杰倫!!「千里之外」サビ前あたりまで、はらはらしてしまいました。おそらく公録時、1・2を争うであろうほどの”杰倫”コール+サビでの迷ズ大合唱がちゃんとON AIRにものっかってて、うれしかったデス。杰倫もコレで勇気づけられてたらよいのだけれど。。。 後半は落ち着きを取り戻し、さすがのパフォーマンスでした☆
  2_50 1_41
 
 
 
 
 
 霍霍霍我我我
  いつもの杰倫でした♪ 
 
 
 「霍元甲」といえば、ドラマ版での撮影が企画されているようです。鄭伊健(イーキン・チェン)と陳小春(ジョーダン・チャン)の古惑仔コンビ。もしくは、F4ジェリーと謝霆鋒(ニコラス・ツェー)のコンビ。どちらの要望が高いか、 新浪娯楽 では投票も行われているみたい。リンチェイの『霍元甲』、まだ見てないので、早めにチェックして備えておいた方がいいかもしれませんね。
 
 ハナシを「POP JAM」に戻します・・・(笑)
 落ち着いてみて気づいた点:
 ・「ミナサン、コンニヂワ。」・・・って言ってたんだ。
 ・つけ毛(エクステともいう。)つけてたんだ。
 ・”モモタロー”アレンジの際、観客の反応をうかがって
  キョロキョロしてません?(笑)
 1_44
 出番はたったの4分弱で終了。。。ぅう。こんなにも早いものだったのでしょうか?ってくらいあっけなかったです。 ON AIRで見せると言われてた、手品は?!カットですか・・・? とりあえず危惧していた、ものすごい形相での映り込みがなかったので、ホッとしました。伴さんの時に、小さーく映ってたみたいですけどね。。。ハハ
 杰倫は、司会者さんに新アルバムをプレゼントしたんだとか。出演者の聖堂教父(ゴスペラーズさん)とも交流があったようです。これを縁に、また歌いに来てほし☆ ( 聯合報
 
 そして「知っとこ!」
 ”長者番付1位の男!”・・・またしても、そういう入り方でした。(笑) 来日中一番カワイイ、ボーダーセーターでのインタビュー☆ 「(オセロの二人)お付き合いするならどっち?」という質問に、首をかしげて考えるJayがかわいすぎ♪ ”白””黒”発言もツボでした。 オセロの中島さんは地黒関係ないけど、元バスケ部だったそうですよ。「バスケをするなら、黒い女性を連れて行く」コメント、あながち当たってなくもない杰倫ってスゴイかも。 「ナホミ知っとこ! アイラブユー」は言わされる間もなく、1分強で出番終了でした。もうちょっと見たかったです。
 そしてその1分強の間に・・・案の定、映り込んでしまった私たち。(爆) どうしてくれよう。。。

| | コメント (9)

2006年10月13日 (金)

スポーツの秋 杰倫の秋

 秋ですね☆ 秋晴れ続きで気持ちのよい季節。勉強の秋・読書の秋・食欲の秋そしてスポーツの秋百事廣告も運動会仕様のものが創られているようです。
  1_47 2_51
 
 
 
 
 
 
 ( 明報
 
 
 さて。テニスとクリケット、どちらのチームに混ざります?
 スポーツ続きで、副長に教えていただいた【杰倫こぼれ話】をひとつ。
 読売ジャイアンツに台湾人の選手がいるそうなのですが、二人ともテーマ曲がJayの曲なんだそうですよー♪ (・・・ってみなさん、もうご存知だったりします?)
 ピッチャー:  建銘(ヂャン・チェンミン) は、「忍者」9月16日10月1日と10日に東京ドームで流れたそうです。これにより、姜建銘投手のファンがJayの曲を聴くようになって、Jayのファンになった人も多いんだとか!スゴイ☆ (10/14副長テイセイ入りました。 9月16日ではなく17日に流れたと言われているのは、彼が曲を聞きながら練習とかしてて、それが耳に入っただけかもしれない。とのこと。いずれにしてもスゴイ捜査網の副長です。)
 もう一方、二軍選手の リン・イーハウ は、新曲「千里之外」を使用。台湾にいるときにファンからJayのCDをもらって、以来虜なんだそうです。二軍なので、まだ東京ドームで流れたことはないみたい。もう野球シーズンも終わってしまいますが、東京ドームの試合は要チェックだわー。以上、ミニミニ情報でした。 (謝謝、副長~!)
 
 なんだか話がそれましたが、話題は11月7日、北京で行われる百事可樂25週年記念演唱會へ♪ どうやら曲のご披露のみならず、バスケットの試合をする企画も持ち上がっているそうな。Jayはピアノ、陳冠希(えぢ)はRap、ピさんはダンス、蔡依林はミニ歌舞劇を披露する模様。今年のPEPSIイベントは何やらスゴそうです。
 今回のチケットは、一般発売はされないみたいですね。後は F4 ever さんとか、 Star Jerry さん頼みとなりそう。しかし依然ノーリアクションのままなんだけど。(笑)
(11/2 延期になりました。)
 
 百事のCM(現在撮影中)も手がける多才な男・周杰倫(ジェイ・チョウ)さん。昨夜行われたCCTV-MTV音楽盛典では、亞洲地区傑出芸人獎を受賞☆ 「千里之外」を弾き語りされたようです♪
 4_10 3_16 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 このジャケット、ファーがついててカワイイな。
 杰倫の他にも、台湾地区年度最佳組合獎に南拳媽媽。香港地区最受歓迎潜力歌手獎に側田(ジャスティン・ロウ)が選ばれてて、ほほぅ。側田は香港で仕入れてきてイイな。って思ってたひとので、納得の受賞でした。 受賞者名単は コチラ ♪ スカパーの見れない私はパソのこちら側からお祝いするのがせいいっぱいですー!ゎー。
 
 CCTV-MTV音楽盛典 新浪娯楽 サイト
 視聴: 星光大道 (Jayと南マは大トリで登場してます。)
     受賞会見 (「本草綱目」の高音?まで飛び出し、びっくり!) 
 
 授賞式といえば、今年の台湾金馬獎HP ?)に杰倫が出るとか出ないとか前々から言われていますね。(”金馬大使”?)ご本人は新人だから・・・と遠慮しているようですけど、事務所側は出席させる意向のようです。( 自由電子報
 授賞式は11月25日。今年は台北小巨蛋(台北ドーム)で開催☆ ちと見たい。。。

| | コメント (3)

2006年10月10日 (火)

実は気になってたひと その② 周群達

 大阪では、なぜか今週いっぱいしか公開していない 靴に恋する人魚』.  (人魚朶朶)。あわてて観てきました。
 1_36
 「むかしむかし あるところに歩くことのできない、小さな女の子がいました。」と、まるでおとぎ話のようなはじまりをみせるこの映画。台北金馬奨で最優秀美術賞も受賞した絵本のような世界がスクリーンに広がります。 『江湖(ベルベット・レイン)』同様、劉徳華(アンディ・ラウ)が指揮を執る、新人監督の映画製作プロジェクト Focus Films Limited の一作品というからには、観ておかねば! (ちなみにこの作品のナレーションは華仔です。前半やたらナレってて、ややうざい感じです・・・。前半だけの話ですけどね。)
 この色合い、トド(徐若瑄 ビビアン・スー)の髪型いろいろ見るにつけ、フランス映画『アメリ』を彷彿させますね。脚本的には及ぶはずもありませんが、今までにない新しいアジア映画だと思います。トドの履く靴がとってもラブリーで、ビビアンによくお似合い♪ 黄色チェックにバナナアプリケの靴とか、きみどりに水玉のサンダルとか、そんなのカワイイと思ってもなかなか履きこなせるもんではありません。ステキです。
 
 歩けるようになり、靴を何より愛する女の子に成長したトド。そして出逢った王子様。それが・・・ 
 周群達(ダンカン・チョウ)!
 今回は歯科医のスマイリー役。”癒し系歯医者さん”という役どころ。白い歯っていいな♪ スマイリー・ダンカン、かなりはまってます。
 2_45
 スマイリーは、かわいいトドのキュートな靴に目を奪われ、プロポーズ☆ このプロポーズ方式が、かなりツボどころ!カワイくって、映画館でのたうちまわってしまいました。(恥) 二人はめでたく結婚。幸せに暮らしましたとさ。
  
 3_14
 
 
よーいドンで歯磨き競争♪
 
 
 
  
 ・・・と、まぁ、おとぎ話ならここで終わってしまうものなんですけど、ここから始まるもんなんですよね、現実って。はぁぁ。 幸せって得たら失い、失ったらまた得るもの。そしてそれは見落としがちだけど、案外身近にあるもの。おとぎ話の主人公みたいに待ってばかりでなく、”すきなひとを抱きしめてあげる”勇気。コレが大切なんだねぇ。と、あたたかい気持ちになる映画でした。
 余談ですが、蔡依林(Jolin)もチラッと出てきたよーな・・・?エンドクレジットで確認できなかったんですけど、あれはよく似たひと???確認のためにもぜひぜひ観に行ってみてください。(笑)
 
 ということで、今回はダンカン落ち!でも実は『蜜桃女孩(ピーチガール)』のジゴロー役の時点で、すでに気になってました。 切れ長系のお坊ちゃま。笑顔がまぶしー☆・・・ってこの条件、誰かも完全に満たしてませんでしたっけ・・・?(爆) おまけにウィンドサーフィン香港代表選手(!)だっただけあって、ガタイもよいし♪ いつからかこういうのに弱いんです、私・・・。
 
 お馴染み 福隆 事務所サイトから、プロフなど。こんなひと。
                    ↓
 周群達 (Duncan Chou)
 生年月日:1978年9月19日 香港生まれ
 身長:177 cm
 体重: 70 kg
 趣味:ウィンドサーフィン・水泳・音楽を聴くこと・料理
 <電影作品>
 2003 『僕の恋、彼の秘密』. (十七歳的天空) 他
 2004 『セブンソード』 (七劍)
 2005 靴に恋する人魚』. (人魚朶朶)
 <電視戲劇>
 2001 『蜜桃女孩』 他
 
 梁詠琪や蔡健雅のMVにも登場されてるようですよー。また捜索せねば!

| | コメント (7)

2006年9月12日 (火)

阿飛正傳

 9月12日。 今日は故 張國榮(レスリー・チャン)失われた誕生日 です。
 生誕50周年記念映画祭も開催されているようですが、雨に誘われ『欲望の翼(阿飛正傳)』がひさしぶりに観たくなり、ひきこもってみました。 ねっとーりムシ暑ーい季節になると、この映画が無性に恋しーくなります。 もう何度も何度も観ているのですが、未だ色あせず。 この作品のレスリーがいちばんすき。そして数ある王家衛(ウォン・カーウァイ)作品の中で、一番のお気に入りも『欲望の翼』です。
 
 この映画が好きな理由は、冒頭シーン。後に『花様年華』『2046』へとつながる香港’60年代3部作のキーワードとなる重要な場面でもあります。 特に・・・
 Photo_108
 
 時計を見ろ。1分でいい。
 
 で始まる4月16日3時までの1分間。
 
 このシーン一発ですっかり虜。後にも先にも冒頭からこんなにとばしてきた映画に出会ったことはありません。とてつもない緊張感の中、ほほえむ余裕の阿飛男・ヨディ(レスリー)。このひとに惚れこみ、以後家衛作品にはまりこんだものです。
 
 作品全体に漂う空気感がすき。
 セリフがいちいちすき。
 音楽がすき。
 寄りすぎ!なカメラワークがすき。
 
 『欲望の翼』の魅力は語りつくせませんが、これらを支えたのは豪華な俳優陣。レスリーの他、劉徳華(アンディ・ラウ)、張學友(ジャッキー・チュン)、張曼玉(マギー・チャン)、劉嘉玲(カリーナ・ラウ)など今となっては実現し得ない香港明星オールスターが総出演。そういえば梁朝偉(トニー・レオン)も出てますね。フフ。 みんなそれぞれ魅力的。個人的にはカリーナ演じるミミが、素直でかわいくて。そいでもってめちゃセクシーで大すきです。
 
 レスリーご本人も、この『欲望の翼』が出演作中で一番のお気に入りだったらしいので、お誕生日記念に観てみました。まだご存知ではない方にも観ていただきたいステキな阿飛・レスリー。生きていたら50歳のお誕生日でした。
 
         ”夢で遭おう”

| | コメント (0)