« 呉づくし② 出逢ってしまったひと(前編) | トップページ | 「V.DUBB」を聴く♪ »

2007年5月 1日 (火)

台湾娘たちの戦場

 (ウー)づくしになりつつも、しっかり食べたり・・・ C_1 D_1
 
 
 
 
 
 
 かの有名な福州世祖の胡椒餅  あこがれの欣欣のフカヒレさん
 
 勢いで、mariaさんとSony Fair '07をのぞきに行ったり・・・ A_2 B_3
 
 
 
 
 
 
 
 
 台湾オタのカメラに追われてたメーガン    スガシカオ風YiDA
 
 今回もいろいろ満喫の台北紀行でした。
 
 いろいろありますが、中でもインパクトがあったのは、”台湾 洗頭(シィトウ)体験!
 頭皮マッサージをこれでもか!ってくらい堪能できる、至福の台湾シャンプーに初チャレンジ☆ ちょっと・・・いやいや大分おもしろかったので、レポレポしておきます。
 
 その日は雨。
 朝からアタマが爆発してタイヘンでした。 帰国前にマッサージでもやっとくか。と、ガイドブックにもよく載ってる美容院へフラっと立ち寄ってみたのですが・・・
呆然。。。 なぜならそこは台湾娘たちの戦場だったのです。
 台湾娘たちも私と同じく、爆発するアタマをかかえ次々に飛び込んで来ていたよう。 満員御礼状態の店内に、エトランジェは私ひとりぽっち。おとなしーく言われるままイスに座っていました。
 
 台湾シャンプーの流れは・・・
 ①上半身マッサージ (日本のよりもキツめで効いてます。)
 ②おもむろにシャンプー
  (座ったままジャブジャブと。 なぜか泡が落っこちないので不思議不思議。)
 ③泡ソフトクリーム化したアタマのまま、シャンプー台で流し
 ④トリートメントを塗りこまれ、しばしスチーム
 ⑤まだまだスチーム
 ⑥再びシャンプー台で流し
 ⑦ブロー
 という感じ。
 
 言葉が通じなくても、なんとなーく従ってれば大丈夫・・・デシタ。(笑)
 タオル一枚肩に置かれただけで、ゴーシゴシされはじめたときは、ええっ!と驚いたものの、なんの無事。 シャンプー台にスイッチがついていて、押すとマッサージチェアーにも変身する(!)中華な小技に驚かされつつ、一人よろこんでいたワタシ。 やや、④⑤のスチームが長すぎて、チーン!てゆで上がるカモ。と思いましたが、出来上がりはサラサラツヤツヤ。 効きすぎミント香のトリートメント効果も手伝って、頭がすこしかるーく感じられましたヨー。
 
 さてさて。なされるままになるのも慣れてくると、周りのことに目がゆくもんです。
 と。 いきなり私の真隣にメットつけた男の子がー! どうやらデリバリーさんのよう。 で、ナニを?!って見てみてビックリ。
  弁当頼んどるやないかー!!!」  しかもスープ付いた本格弁当!(爆)
 あらためて見回すと、お弁当をつつきながらアタマ巻いてもらってるコのなんと多いこと。 お友達とおしゃべりしながら、ケイタイなんかもかけながら、あるいはTVなんかにも目をやりつつ、弁当をつつきながら、ヘアメイクですよー! 合理的にもほどがあります。
 お弁当を平らげたら、今度はメイク。しかも本格メイキング。 これはほとんどのひとが同時進行でこなしてはりました。スゴイ・・・
 日本の美容院でおすまししていることに慣れてる身には、そのすべてがセンセーショナル! 要するにココはサロンではなく戦場だったのか。くるくるカールをたなびかせながら、バッチリメイクも終えた台湾娘たちは店を後にし、夜の街へお出かけになられてました。スバラシイ
 
 くるくる巻き髪ブームにのっかって、私もなぜかたて巻きにブローされ、毛づくろい。 いざ、Mr.Jへ~! と勇んで出かけてゆきましたが、突然の営業時間変更で閉店間際だったため、Jayのお味を堪能できませんでしたー。(哭・・・)
 毛づくろいも大切ですが、営業時間の確認はもっと大切。 みなさまも気をつけて台湾シャンプーを堪能なさってください。

|

« 呉づくし② 出逢ってしまったひと(前編) | トップページ | 「V.DUBB」を聴く♪ »