« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

イメチェン・ブーム

 先日怒涛の日韓進軍を果たした4人内、お一人。
 入社式を来週に控えたV.I.C社長  3_82
 
 
 
 
  
 
 の短髪ぶりにも度肝を抜かれましたが、イメチェン・ブームはまだまだ終わってなかったようで♪
 2_124
 
 チョッキン☆
 
 ジョセフこと小綜も、髪を切られたようですよー!
 短髪スタイルは5年ぶり。
 ダイエットをこなした今となっては、大顔を隠すふんわりヘアーなどもはや不要なのダ。
  
 
 
 
 
1_146  ハサミを入れられたのは、瞿監督
 実は『惡作劇之吻2』では、二人の社会人生活も描かれ、しかも小綜演じる直樹はお医者さまになるので、以前のような長い髪形は不適切だろうから。。。というのが、イメチェンの本当の理由らしいです。
 今回のヘアスタイルのお手本は、V6の松潤風を希望した♪とのことですが、果たして・・・ど、どうでしょうか~???
 すっかり小頭化した小綜は、10頭身くらいに見えちゃうほどだそうです。 ストーリー展開もさることながら、NEW小綜に会えるのが待ち遠しいですねー。    ( 自由電子報

| | コメント (10)

2007年3月30日 (金)

それからの二人

1_142  BS放送分で、後半のヤマバ中な 『イタズラなKiss ~惡作劇之吻~』. 。 めでたくハッピーエンドを迎えることができるのでしょうか???
 台湾では、それからの二人のオハナシ 『惡作劇之吻Ⅱ』が、おとといクランク・インしたようです☆ マッテマシタヨ!
 
 続編の主軸は、直樹(小綜)&湘琴(アリエル・リン)の新婚生活を描くため、自身も新婚ホヤホヤの瞿友寧監督は奥さんで実験し、毎日”抱抱18招”。抱き方を研究しているところだトカ。。。(笑) 新婚旅行という設定のグァム・ロケも兼ね、さらにLOVELOVEの二人が見られそうですね♪
  2_123 3_80 4_47
 
   
 
 
 
 
 小綜:実は今回がはじめて撮影した結婚式のシーン。
     林依晨は、毎回ドラマでお嫁に行ってるよね。 1回目の結婚は彼女に捧げて、彼女の豊富な経験に委ねるよ。」
 
 依晨:とっても光栄!(哈…) 新婚の奥さまをうまく演じます。
 1_144
 キャスト、スタッフが再集結しⅡにかけるわけですが、Ⅰの視聴率がヨカッタだけにプレッシャーも大きいみたい。 
 小綜:この感じは、小学生が通学初日を迎える気持ちと似てるね。 とても緊張。・・・しているけれど、また興奮もしているよ。
 
7_5  進学した直樹は、お医者のたまご。
      湘琴は看護婦のたまご。
 アリエルは、撮影のために病院へ健康診断に出向き、看護婦さんのウゴキを観察してきたようです。 彼女はホントに勉強熱心! 将来どんな女優さんに成長するのか楽しみですネ。 
 
 監督が強いたわけでもないのに、二人は”惡作劇之吻”をご披露☆
 41 42_3
 
 
 
 
 
 フリだけ?
  
 
 ( 蘋果日報
 
 続編では幸せになった二人の姿を見て、幸せのおすそ分けをいただけそうです。
 二人の友人である故・許瑋倫も、ウェディングドレスに憧れて式典を見に来ていたかもしれませんネ・・・。 ( 聯合報TVBS新聞ent.tom. + 新浪娯楽 追記

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水)

Wish to see you in Taiwan

 「希望在台灣見到你」
 (台湾で会いたい☆)
 
1_141  F4台湾観光PR広告を撮影♪ ホントにはじまりましたヨ、観光大使なおシゴトが!
 しかし「Wish to see you in Taiwan」って揃って言うところで、スピードが合わずNG10連発だったトカ! すぐさま言葉なまりのある仔仔が疑われちゃったみたいです。プププ
 
 撮影は3時間にも及んだそう。。。
 カンペキ主義のジェリーは、再三画面をチェックし、4人一緒にがんばってきたようです。
 CMでは、墾丁故宮、美濃(?)などの観光名所を紹介してくれるみたい。 楽しみだけど、422のイベントTKTがハズれてちょっと落ち込んでますワ・・・はぁぁ。
 ( 蘋果日報

| | コメント (3)

2007年3月25日 (日)

干杯しましょう☆

 放映開始からはやくも2週間の 『熱情仲夏 (ぴー夏がいっぱい)』 。 今度は巡廻感謝簽名會なるイベントが各地で行われている模様♪
 小綜はモチロン、お相手役の五熊阿信小鬼が参加。 昨日の台北での簽名會にはじまり、本日は台南・高雄まで廻られているようです。ガンバルなぁ。。。
 0_9 00_2  
 
 
 
  
おや? 
小綜の
Tシャツって・・・ 
 
 ガンバルのはファンシーたちも同じこと。 日本や香港から駆けつけた迷たちもチラリホラリだったトカ。。。 私も行きたかったですよぅ!
 
1_69  早くも夏の到来を告げる勢いの南国 台湾☆
 『熱情仲夏』のタイトルにちなんでの企画なのか何なのか???ですが、いきなりmixジュース大会が催され、小綜お手ずから数種類のフルーツを混ぜ合わせ、オリジナルジュースを皆にごちそう♪
 
 2_121 5_27
 
 
 
 
 
 
 
 
バットマンだ☆ 
  3_79
 
 
 小鬼や阿信にはぎゃぼー!なジュースだったみたい・・・。 プププ。
 
 
 ( ent.tom新浪娯楽
 
 
 ドラマの全省プロモはこれにて(タブン)終了~☆
 お次は、日本ジョセフ祭の舞台となるようですヨ!!! 題して【イタキス祭り TOKYO】
 4月20日~5月7日に渋谷のパルコミュージアム( HP )にて、「ジョセフ・チェン展 kissと薔薇」が開催☆ お楽しみ写真映像は数あれど、気になってしょーがないのがコレ⇒”琴子&ゆりを擬似体験【バーチャル・ジョセフ体験コーナー】”。 バーチャルなジョセフ(爆)ってどんなん??? ちょっとおもしろおかしい展覧会になりそうですネ♪ 
 4月早々にはスペイン坂に小綜の屋外広告がドドドン!と。 5月6日には都内某所で主要キャストが集結し、『イタKiss』ファンミが行われるトカナントカ。。。 詳しくは 薔薇ブロ さん。 『イタズラなKiss ~惡作劇之吻~』. (Topics)にてご確認ください。 春から賑々しいお祭りがはじまりますなー♪ わくわくデス。
 
 あわせて【飛輪海World】展も開催~! 最近気になる ブルネイ系 のブルネイ・ロケなど展覧会オリジナルの未公開映像を満喫できる内容だそうですヨ。 し・か・も、今後各地で開催予定の展覧会に合わせ、飛輪海メンバー来日予定トカ!トカ!!
 ちょっとちょっとー。 うちら関西だけ、華博の開催スッ飛ばされてるんですけど・・・今度こそ開催してくださるハズ。ですよねー???

| | コメント (2)

2007年3月24日 (土)

亜細亜☆オジ対決

1_140  ちょこっと前になりますが、『エレクション(黒社會)』を垣間見てきました。 香港金像奨4部門を独占受賞した作品ということで気になっていたんですが、単館上映。しかもレイトショーだけだったので、ちょっとアセっての鑑賞。レポも遅くなってしまいました。
 公式サイト: 『エレクション (黒社會)』 (日本)
         『黒社會 election (香港)
 
 原題を見てのとおり、香港”黒社會”を描いた作品なのですが、邦題通り”選挙(エレクション)”のハナシ。 ドンパチはチラッと見せるだけで、会長選挙に向けてひたすら暗躍する二人の候補者の権力闘争を描き出したものでした。
2_118  黒社會も政治家社会と同じく、派閥がモノをいう社会。 人望も篤く、冷静沈着なロク(任達華 サイモン・ヤム)につくか、成り上がりの新勢力。カネで票を買いあさる男・ディー(梁家輝 レオン・カーファイ)にのってみるか・・・揺れる組織。
 
   香港映画でボスか警部だといえばこのひと任達華
 
 いつものごとく銃撃戦満載のアクション映画に仕上げることもできたテーマなのに、監督の杜琪峰(ジョニー・トー)は地味ーに魅せ、見かけの派手さよりも、欲望・野望、貪欲さ等人間の内面を浮き彫りにする手法を取ってきたようです。 ・・・なのでその分、リアリティが感じられましたネ。 内面を表現するとあって、役者ひとりひとりの演技がズシッと重たくて、シブい! 逆光を活かしたシーンとか特にカッコよかったです。
3_77  家輝。ジャン=ジャック・アノー作品『愛人』で凛々しい中国紳士を演じているより、チンピラ演ってるこのひとが断然すきカモ。(笑)
  
 ( 聯合報
 
 忠実な弟分・古天樂 (ルイス・クー)もキチンと画面で拝見したのははじめてですが、目ヂカラのある俳優さんですねー♪ 続編「以和為貴」での活躍が期待されます。 まぁ、とにかく女が一人も出てこないので、男だらけの作品。あ。一人大Dの奥さんがいたケド・・・(笑) 余計な部分はまったくなく、じっくりいぶしぎんに仕上げてくれているあたり、コッポラ監督の名作『ゴッド・ファーザーⅡ』を彷彿させるような映画でした。 ←アレ?ちょっと誉めすぎ??
 
 香港のオジたちはいぶしぎん。でいて、ちょいワルなのがステキ☆
 黄秋生(アンソニー・ウォン)も忘れてはならないちょいワルオジさまの一人です。
 4_4642_2
 
 
 
 
 
 
  
 ( 南方網娯楽
 
 秋生さんは、杜琪峰監督の『放・逐』にもご出演されてるそうで。。。
 かつては”人肉饅頭”なんかもこさえてましたネー♪プププ。
 
 対して、台湾のオジさまたち。
 ただいま、何気に観ていたはずの 『求婚事務所』 にハマってて・・・。(笑)
 6_5 5_11
 
 
 
 
 
 
 
 「第5章 致命的吸引力」で登場する、張國柱(チャン・クォチュー)
 王家衛作品でもお馴染みの張震(チャン・チェン)のパパ。 『流星花園』では西門の、『MARS』では零の父役を演じてらっしゃった台湾ベテラン俳優さんです。 『求婚事務所』にも出演されてるんですが、コレがまたナカナカでして・・・♪ 張震パパの魅力再発見☆
 
 台湾のオジさまといえば、侯孝賢映画の常連 高捷(ガオ・ジェ)もハズせません。日本のオジ・高倉健 似のシブさを兼ね備えた俳優さんです。
 ちょいワル香港オジに対し、台湾のオジさまはちとお品がよろしいようにお見受けします♪ どちらもそれぞれステキですねー。
 大陸のオジさま。わが国日本のオジさま俳優さんで、対抗できる方ってどなたになるんでしょ?? よろしければお寄せください。

| | コメント (4)

2007年3月23日 (金)

わかりあいたい わかりあえない

Babel_2  昨年のカンヌで監督賞に輝いた
 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督『BABEL(バベル)』 。 試写会に連れて行ってもらい、二足お先に観てきました♪
 
 
 モロッコの少年が発砲した一発の銃弾。 その事件はモロッコ、メキシコ、日本3カ国を結び、悲劇の連鎖への引き金となる・・・。
 オムニバス映画といえばその通りなのですが、ロバート・アルトマン監督の『ショートカッツ』や、王家衛監督作品のようにそれぞれのストーリーが錯綜しつつ進行するので、テンションは常時め! 「ひゃー・・・これからどうなるの?」ってトコロで、場面が移動していくので、目が離せません。 
 三ヶ国三様の”BABEL”模様。
 どれも息づまるストーリーばかり。。。 アカデミー助演女優賞にノミネートされただけあって、菊池凛子の演技が印象的でした。聾唖の娘・チエコが恋する刑事(二階堂 智)も、ちょっとヨカッタです♪
 個人的には、モロッコのリチャード(ブラピ)&スーザン(ケイト・ブランシェット)夫妻の”BABEL”にハラハラハラ。
 モロッコの砂漠の街。実はむかーし行ったことがありまして。。。ハハ
 モロッコ観光の目玉といえば、なんといってもサハラ砂漠☆ ということで拠点の街・ワルザザートってところへ向かいました。 モロッコはフランス語も通じるので、ちょっと油断してたのカナ。 絨毯屋でかるーく軟禁状態(爆!)に陥ったことを思い出します。 絨毯屋ってコワイんですよ。部屋の壁いっぱいに絨毯がかかってて、その奥からゾクゾク人が出たり入ったり・・・何人いるねん?ってやたらとブキミ。 アラビア語だかベルベル語でひそひそやられるとことさらコワイです。 でもそこは大阪人。「銀だ。」「2万だ。」とふっかけられたティーポットを、1/10の価格まで値引かせることに成功♪ トドメにレシート切らせてお店を後にし、翌朝ガイドを置き去りに、早朝バスで友達とマラケシュへ高飛びしたものです。
 スーザンのような目に遭っていたら、どうなっていたことか・・・
 今まで行った場所のうち、最も”BABEL”を感じたところ。サハラの砂漠の小さな街。そういう街の乾いたにおひを思い出しながら、我が事のように”通じない”恐怖を体感しました。
 
 映画はそのタイトルの如く、最後までひとつにまとまることはなく、わかりあえないままエンドクレジットを迎えます。
 でもそれこそこの映画のテーマたるもの。
 ”わかりたい デモ わかりあえない”
 言葉が通じない。心も通じ合えない。そんな世界で、たった一人でも”わかりあえる”ひとがいる。それだけで幸せなのだ。と、痛いほど感じるシーンも数々。
  死に直面したとき、ようやく絆を取り戻せた夫妻。
  どうにもならない孤独に陥った娘の手を握る父。
  兄のため父のため、一人で投降して行く少年。
  すべてを失い、祖国へ帰った母をやさしく抱きしめる息子の胸。
 天に近づこうとした愚かな人間たちは、神によって分けられてしまったけれど、それでも一人ぽっちぢゃないよ。と。そうポジティブに受け止めたい。そんな作品です。 公開はまだ先ですが、みなさまもぜひー☆
     
 公式サイト: 『BABEL』 (バベル).   

| | コメント (3)

2007年3月22日 (木)

今、キテるひと

 炭火焼き屋で煙に巻かれ、飲んだくれてた間に、小綜情報がイロイロイロ。。。
 20日に行われたLevi'sショーに出席し、モデルウォーキングを魅せてくれたみたいデス。
 1_139
 
 
 
 
 
 
 
 
 同じ凱渥の白歆惠と、歌手の蔡旻佑(イヴァン・ヨー・ツァイ)くんと一緒♪
 ストリートとファッション。そして音楽をひとつに。というのがイベントの趣旨だったそうな。
 
 この蔡旻佑って。。。 隊長が今、私にオススメしようとしているコですわー!(爆) なんでも杰倫が彼へ応援コメントまでしたとかなんとか・・・ miyakoさん チでも取り上げられてましたネ。
 19歳にちなんでリリースされたてのアルバム :: 蔡旻佑 Evan Yo 「19」::. 。 この機会にはじめて聴いてみました♪
 イイ!
 杰倫が推すだけのことあります。ちょっとお顔もかわいめだし、まだ19だし、これからの活躍が楽しみな方ですねー。
 
2_117  と。
 ただいま台湾でキテる旻佑と一緒に、ドラマ『熱情仲夏』ばりのウォーキングを魅せてくれた小綜
 ”オシャレは足元から”とはよく言ったもので、「今年のおしゃれは、靴がポイント。 細めの靴を選んで、腿のラインからスッとつなげたシルエットをつくり、トップスは重ね着するといいかも。」 (超意訳・・・)
 との仰せ。 さてさて、さっそく実践してみましょうか?
 
 ( 新浪娯楽
 
 
 台湾ではモチロン。日本でも着実にキテる 小綜。
 ついに日本公式ファンクラブ 「Joe’s Family Japanが発足するようです!!!
 会員募集は4月1日から。 詳細は 鄭元暢(ジョセフ・チェン) 日本公式サイト. をご確認ください。
 
 キテる 小綜の勢いはとどまるところを知らず。
 日本FC発足と時を同じくして、初出演ドラマ 『薔薇之恋 ~薔薇めに~ の地上波放送が各地で開始☆
 関西にF4を浸透させた 日放送(ABC) の深夜枠。別曜日で『薔薇之恋』もはじまりますヨ♪ その他、千葉・神奈川・名古屋・九州・埼玉・熊本などで続々放映。 FCの詳細共々、日本公式の「What's new」でよーく確認してください。 みなさま、久々の布教の機会をお見逃しなきよう
 そして5月。 ホントにキちゃう小綜。(爆) 日本ファンクラブ結成の決起集会でも行うのでしょうかねぇ??? 楽しみお楽しみですネ♪

| | コメント (4)

2007年3月20日 (火)

最近気になる その④ ブルネイ系

 「日本のファンって年齢層が高めだよね。」
 とかなんとか・・・ C-POPでおもむろにのたまってらしたのが、私が彼を意識した瞬間でした。 飛輪海といえば、ばりばりのアイドルさん。 なのにこんな発言しちゃっていいのー? と怪訝に思った次のしゅんかん。
 「でも応援してくれてうれしいよ。」
 顔色ひとつ変えず、さらっとアイドルコメントを言ってのけた呉尊(うーづん)にハマる。(爆) 
 その後もマッシュルームスープを作っている時、ミキサーが勢いよく回りすぎあふれ出ちゃっておののく姿。 「娯楽百分百」で暴露話をして”没有~”とノリツッコミしている姿。 そして次の瞬間には、まるで何事もなかったかのようにクールな顔を魅せる姿。(この間がすきなの。)を目にするにつけ、呉尊が見過ごせなくなってきたこのごろです。どうしよ。
 
 台湾第一美男子選抜でも、かのジェリーに追いつく人気ぶりをみせている呉尊。
 人気グループ 飛輪海(フェイルンハイ/ファーレンハイト)の一員。 いちばんの年長さん。 ゆえに他のメンバーがちょっと気をつかってる様子が、これまたツボになってたりします。
 漢字を音からあてて組み合わせられてますが、元は摂氏(℃)より温度の高ーい”Fahrenheit(華氏)”のこと。 なのでメンバーにもそれぞれ温度があるようで。。。 
1_68  
 辰亦儒(カルビン) 77°F・・・
 汪東城(だーとん) 95°F・・・
 呉尊  (うーづん)  59°F・・・秋
 炎亞綸(アーロン) 41°F ・・・冬
 
 なんで温度分けされてんねーん?!
 正直、デビュー時は爆笑でしたが、これがあながちまちがいでもなく、それぞれのキャラクターを表しているので不思議です。
 飛輪海 公式サイト 聯合報 より、お気に入りの呉尊プロフを取り上げてみました。
 
 【プロフィール】
 呉尊 (wu zun)
1_138  本名:呉吉尊
 英文名:Chun
 生年月日:1979年10月10日
 星座:てんびん座
 身長:180cm
 体重:72kg
 血液型: O型
 学歴:RMIT大学(オーストラリア)
 趣味:バスケ、フィットネス
 雑誌:HER WORLDの表紙 (シンガポール)

 広告:インスタントラーメン、波蜜果菜汁、Heme Man simple保養品、3+2餅乾 (シンガポール)

 モデル:ADIDASショー
 出演作品:
『東方茱莉葉』『花様少年少女~花ざかりの君たちへ~』 (2006)
 
 呉尊の出身地はブルネイ王国( こんな 国♪)。
 オシャレに目覚めた彼は、スタイル維持のためフィットネスに興味を持つようになったらし。 シンガポールで活躍してたとき、スカウトされ、オーディションを受けに台湾へ来られたそうです。 Chun - blog. も開設してらっしゃるので、普段の呉尊を垣間見たい方は遊びに行ってみてください。 カワイイ・・・
 Photo_274 Photo_275
 
 
 
 
 
 
 
  
(蘋果日報)
 
 
 くまとのショットも。   ビミョウ?な小林眼鏡くんも。  カワイイ・・・
 
 
 いろいろなおカオの呉尊に釘付けですが、その他のブルネイ系台湾明星さんを勝手に挙げてみましたー☆
 
 
02  王力宏(ワン・リーホン)
 アメリカ生まれ。アメリカ育ち・・・
 ABCな彼ですが、
 5年前のこの頃は、とくにブルネイっぽい♪
 
 
 
 
 
 
Photo_175  唐治平(タン・チーピン)
 遠からず近からずのタイ出身者。
 元モデルで趣味がバスケとフィットネス。
 波蜜果菜汁の代言も担当したことがあるそう・・・プロフまでブルネイ系。
 『東方茱麗葉』『花様少年少女』で共演し、縁も深ーいお方です。
 『求婚事務所』(東森戲劇台). の社長さんデスネ。
 
 他にもいろいろ出てきそうなブルネイ系☆
 お目めパッチリ。面長サン。ってどちらかというとニガテだったのに、あれよあれよという間にドボン。 呉尊のドラマが日本放映される日が待ち遠しいこのごろです。

| | コメント (5)

2007年3月19日 (月)

呉尊といっしょ♪

 なにこれーーー?!!! 1_137
 
 
 
 
 
 キレイなお兄サン&ブルネイの王子さま
 
 
 
 
 
 フランスにかぶれてる間に、すごいツーショットが巷に出回っていたのですね。 油断もスキもない中華ナリ。
 
2_116  新ドラマ 『熱情仲夏 (ぴー夏がいっぱい)』 のプロモに飛び回ってる小綜。 週末に行われた首波見面會には、共演者たちに加え、飛輪海呉尊(うーづん)&亦儒(カルビン)が駆けつけ、イベントをさらに盛り上げてきたようです☆  
 先日カゼでイベントに参加できなかった唐禹哲(前列右)も、今回はお越し♪
 
 呉尊が主演を務めた『花様少年少女』が高い視聴率を打ち出したことから、跡を引き継ぐ『熱情仲夏』にエールを! という趣向からお呼びしたゲストたちだったわけですが、個人的には豪華すぎて・・・絶句でした。
 出だし不調とウワサの『熱情仲夏』ですが、『イタキス』の時も当初視聴率はそんなに高くなかったので、「後半巻き返します!」と自信まんまんの小綜です。マダマダこれからナノダ☆東方娯楽
 
 プロモ活動の合間(?)に、在北京。
 2007慈善迎春幸福晩会なるイベントで、林志玲(ちーりんサン)とデュエットしてたり。
 3_76 4_44
 
 
 歌うは「今天你要嫁給我」。 
 デビタオのデュエット曲らし。
 
 
 
 
 みんながhighになって夜食を楽しんでいたのに、翌朝の出発に備えてちーりんを置いて先にホテルへ帰っちゃったんだそうな。(爆) シンデレラな小綜なのですー。
 ( 聯合報新浪娯楽
 
0_7  いつもお友達に囲まれているイメェヂの小綜ですが、実は気心の知れたお友達は10人足らずだそう。 小美や、牛奶(?)、『薔薇之恋』で共演した陸明君(ルー・ミンジュン)、そして許瑋倫(シュー・ウェイルン)…。 芸能人は自分を守るために、つくろわないとやっていけないところがあるので、なかなか仲良くなれないんだそうです。
 以前インタビューでも自らの孤独について語っているのを見たことがありますが、ニコニコかわいくしてても、時折ふとみせる淋しげな表情・・・ 小綜ってそういう部分も持っているような気がします。 そんなトコもこのひとの魅力になってるから不思議ダワー。
 モデル時代を乗り越えて、俳優としての道を歩み始めた小綜。 人々に感動とともに、笑うことも届けられる。そんな俳優を目指してるんだそうですヨ。 これから魅せる彼の成長ぶりに期待が高まりますねー。 ( 聯合報
 
 とりあえずは新ドラマ『熱情仲夏』ですが、そろそろ『惡作劇之吻Ⅱ』も撮りはじめてほしいところ。
 林依晨(アリエル・リン)とのスケジュールが合わず、調整のため多くのシゴトをお断りしている始末だトカ。小綜は5月にまた来日(!)の予定があるそうなので、はやめに白黒ハッキリしてほしい状態らしいデス。 我らも続編が出来上がるのを前のめって待っているんですけどねぇ。。。自由電子報

| | コメント (4)

2007年3月18日 (日)

輝けるフランス女たち

 毎年ヨコハマで華やかに開催されているフランス映画祭
 今年は東京・大阪の会場も加わり大々的に開催! とは知っていたけど、そのままにしておりました。 「カトリーヌ・ドヌーヴ来日」のニュースを見て、あ。来てたんだー。と、のんきにチェックしたのが昨夜おそく。
 大阪会場でもオープニングセレモニー! ゲスト来場!!
 で、あわててチケット手配したらとれちゃった♪(爆) 大阪・なんばまでは来てくれなかったドヌーヴの新作観がてら出かけてきました。
 
Photo_168  『輝ける女たち』
 
 以前、 フランス男たちの挽歌 でフランスオジたちのいぶしぎんを語りましたが、フランス女たちも負けてません!
 し・か・もフランスを代表する女優 カトリーヌ・ドヌーヴエマニュエル・ベアールの競演ときたら、ゴーするしかないカモ。
  
 ストーリーは、南仏ニースにある古いキャバレー「青いオウム」のオーナーが亡くなるところからはじまります。 彼の死をきっかけに疎遠だった家族が再び会することに。。。 
 この「青いオウム」。ノスタルジックな装飾でかなりいい雰囲気のキャバレーなのですが、ココの看板歌姫・レアを演じるのがベアール。 『8人の女たち』に続き、歌ってますー♪ 葬儀にこっそり現れたドヌーヴもあながちお店と無関係のひとではなさそうですヨ。ま、観てからのお楽しみということで・・・
 
 二度の離婚歴を持つオーナーの息子と元妻たち。 離婚したての娘に、10も年下のカレシがいる息子。。。 一緒に過ごすうち、なおざりにしてきた過去のわだかまりが少しずつ少しずつ解き放たれ、皆が新しい一歩を皆が踏み出すまでを描いた物語。
 はじめは日曜ヨル9:00に放映されてるありがちなドタバタファミリー劇なのかなぁ。と思って観ていたのですが、途中からなにやらじんわり。 いくつになっても家族は家族。年を経てまたちがったあり方ができるものなんだなぁ。とあったかい気持ちになれる作品でした。
 この作品の原題ってLe Héros de la Famille(家族のヒーロー)”。 さてさて観られた方の目には、どの登場人物がヒーロー(中心人物)に映ったのでしょう? 公開は4月頃だそうですので、よろしければ確認してみてください。
 
 
 ・・・と。
 この映画を観る前にオープニングセレモニー@大阪があったわけで。。。 0_6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1_66  『逃げろ!いつか戻れ』のレジス・ヴァルニエ監督(たぶんそう・・・)と、 『情痴アヴァンチュール』 の主演女優 リュディヴィーヌ・サニエがホスト役となり、代表団を紹介してくれました。
 リュディビーヌ・サニエはフランソワ・オゾン監督の秘蔵っ子。 かわいいかわいいと思っていたけど、ホントにかわいいひとですねー。 水色ワンピにフリルをつけて、白いソックス+丸トゥ靴でご登場☆ しかも生アシですよ。若っ!!!
 レッドカーペットでお出迎えしたとき、誰なのか?な野次馬さんたちにもそのスタイルは「かわいいー!」と絶賛でした。 側まで来てくれたので、がしっと握手♪ 「Bienvenue Osaka(ようこそ大阪へ~)」トカナントカ言おうと画策してたのに、「コンニチワー」と笑顔で返され、ビックリ! そのまま「こんにちわー」と返しておきました。 まったく何のためにフラ語をやっているのやら・・・
 
 サニエは今年フランスで公開された 『Moliere. にも出演。
 ローラン・ティラール監督(←あやふや)となかよく握手を交わす姿がほほえましかったです。
 Moliere1 Moliere2
 
 
 
 
 
 
席が遠かったので
写真が暗いデス。
ザンネン。 
 
 
Photo_170  サニエもかわいかったけれど、
 いちばんかわいい女の子は、このこ。
 『CALL ME ELISABETH』のアルバちゃん。
 入場時も律儀に握手してくれてて、ニコニコうれしそうなのが印象的でした。カワイイー
 
 
 
 
Photo_171  ハナシそれました。
 お目当てがもう一方 ブノワ・マジメル
 サスペンスもの 『石の微笑』 フィルム・ノワール 『暗黒街の男たち』 。 今年は二作品が映画祭に出品されているようで楽しみです。 
 
 
 しかーし。ちょっと雰囲気が変わってて、紹介されるまでわかりませんでした。(笑) 細面の美青年。ってイメェヂだったのが、いつぞや暗黒街に染まっちゃったのかしら???
 
Flandres  カンヌでグランプリに輝いた
  『フランドル』 チーム。 
 ブリュノ・デュモン監督&主演のサミュエル・ボワダンです。
 なぜか仏男たちって黒のスーツがお好き・・・? 
  
2_54  
 オープニング上映された『輝ける女たち』チームも来阪。
 マリアンヌ役のジェランディン・ベラスも一緒にパチリ。
 劇中でベッド・ミドラーの名曲を披露してくださったので、『薔薇之恋』ファンとしてはドキドキでしたワ。 フランス語ヴァージョンも新鮮ですネ♪
 
 ナドナド・・・日本人監督も含め、十数名が大阪なんばに大集結☆
 Photo_173
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 最後は大阪のミナサン、ありがとう。」と、来場者にニホンゴでお礼を述べ、去ってゆかれました。
 
 フランス映画祭@大阪の開催は3月20日まで。 この機会に新作フランス映画を堪能してみられては~?
 
 公式サイト: フランス映画祭 2007   

| | コメント (3)

2007年3月17日 (土)

続・さくら

 ん。
 昨日に引き続き、『さくらん』
 映画に登場する大門のハナシが出ましたが、本来大門とはこういうもの。
1__1  ←京都の花街・島原の大門です。
 この門をくぐると、かつては置屋(太夫や芸妓をおいている家)揚屋(置屋から太夫や芸妓を呼び遊宴を行うところ、料亭)が建ち並び、華やかな街並みが広がっていたのだそう。
 
 江戸元禄期には、吉原と並び称された京の島原。 映画『さくらん』を見てもおわかりのように、吉原が歓楽専門の遊郭街であったのに対して、こちら島原は花街(カガイ)。同じようですがまったくチガウ街のようです。
 まず、島原では出入りが自由。吉原のように遊女を閉じ込める大門の管理などなかったんだトカ。 宴席では歌・舞・音曲を披露するため、歌舞練場を設けており、ゆえに花街と呼ばれるんだそうです。 揚屋では宴席のみならず、文人・俳人たちが集い、和歌や俳諧を楽しむなど文芸も盛んだったそうで、まるで文化サロンのような所だったようですね。 幕末には志士たちが密議をしたり、新選組隊士が暴れたり・・・(爆) ま、いろいろあったようですワ。
 そういう場なので、お相手する遊女も最高位の太夫クラスでしか務まりません。美しさはもちろん、茶道・華道はお手のもの、歌が詠めて、踊れて、おまけに文学にも長けていなければなれない太夫。。。 選ばれた数人しかなれないそうです。 教養がある分、花魁より断然高級っ!
 
2_  大門をくぐるとスグ、置屋 輪違屋
 コチラは現在も営業中。
 なので一般公開はなかなかムヅかしいみたいですねぇ。
 私も内部は未見です。
 紋が確かに”輪ちがい”だワ♪
 
3__1  さらに西へ進むと揚屋 角屋さん。 
 2階建ての木造建築。 臥龍の松を拝める一階の「松の間」もさることながら、ココの見所は二階にアリ☆ 天井いっぱいに扇面を貼り混ぜたつくりの「扇の間」、螺鈿をちりばめ、ちょっぴりシノワな「青貝の間」など各趣向を取り揃えたお座敷が続々登場するので、スバラシイ! 建具や襖絵なども、円山応挙、与謝蕪村等、いずれも一級品揃い。 ココに最高級の太夫を呼んで、最上級の宴席を楽しんでいたのですねー。 ぜ・い・た・く。。。
 
  角屋は日本唯一残っている揚屋様式の建物ということで、角屋保存会島原角屋 公式サイト )によって管理、現在は角屋もてなしの文化美術館として公開されています。 春にはお庭に数種類の桜が咲きほこり、それはそれはキレイなところ。 江戸時代にタイムスリップしたつもりになって、揚屋さんで豪勢にお花見なんていかがでしょ?

| | コメント (5)

2007年3月16日 (金)

さくら

 ん。
Photo_272  フォトグラファー蜷川実花の初監督作品
 『さくらん』
 蜷川実花さんの撮る写真って、前々からすごく好きで、コレがウゴキ出したらどうなるの?って興味+安野モヨコ原作+豪華キャスト陣+椎名林檎的音楽。 これだけ揃っておもしろくないワケがない! 江戸時代の民俗文化って元々興味があったし、まさにドンピシャな作品☆ 監督の舞台挨拶があるというので、ガブリ寄って公開早々ゴーしてきちゃいました。
 
 先週からわいのわいのとなにやら騒がしかったので、遅くなってしまいましたがレポレポです。
 
 タイトルの”さくらん”を見てもわかるとおり、この作品のキーワードとなるのが
 さくら
  ・・・花魁 花魁 おいらん さくらん?
 吉原には咲くことのない桜が咲くとき。ココから出れる。自由になれる。そう信じる遊女・きよ葉の物語。 公開したてなので、ストーリーについて触れるのは野暮というもの。 ネタばれないよう気をつけますネ。
 
 蜷川監督は映画を撮ったことについて、「”写真家”という枠がゆるーくなってきたとき、タイミングよくお話が舞い込んだ。」とおっしゃってました。 ちょうど今から1年前がクランク・インだったそうなのですが、撮影前はガタガタにキンチョーされたようで・・・「その山がどんくらい高いのかわからないのに、登る。そんなキモチ。」だったそう。 でも撮影が始まってみれば、前へ進むしかないわけで。。。サクサク(?)ロケをこなしていかれたようです。 このあたり同じく初監督に挑んでらっしゃる台湾の彼のひとを想いながらしみじみと聞き入りました。
 
 今作を見て思ったのは、蜷川監督のチカラ。人を魅せるチカラ。集まってきたキャストやスタッフがちょっとブッ飛んでて(笑)一見すると ・・・時代劇なんだよね?って思うような布陣しいてるんで、スゴイな。って感じました。
Photo_167  きよ葉は女衒(ぜげん)に連れられて吉原の大門をくぐる・・・お馴染みの冒頭で、すでにその大門が!くす。スゴイいでたちになっておりましたワ。 花魁道中のきよ葉改め日暮(ひぐらし)の着物や帯がゼブラだったり、床の間に飾られるお花がヤケにモダンだったり。なにやらハチャメチャ。 でもそれが蜷川実花の映像とピタリ合ってるんですよねー♪ みんなで実花ワールドをトータルコーディネイト。チームワークみたいなものを感じました。 そういうものが映画の成功につながっているのではないでしょうか?
        劇場では衣装展も開催☆ きよ葉の同期・若菊さんのお衣装です。↑
 
 キャストも同じく、「実花ちゃんの作品なら、やるよっ!」とオファーに答えたきよ葉役の土屋アンナ。 原作から抜け出してきたようなまんまきよ葉ちゃん。 見かけのみならず、強気なんだけどその実弱い一人の女の子という設定までまんま演じてて、とってもカワイかったです。 花魁の役柄ということで、女らしくしなをつくってみたり、艶っぽくみせてみたりしなくてはならないのは必定。 TVのインタビューでおっしゃってましたが、「なんでもを意識して動くと、自然と女らしく見える。」んだそうです。 ハイmemo memo…
 縁のような不思議なめぐり合わせで出逢った清次役の安藤政信菅野美穂木村佳乃。。。おっと、忘れてならない女将役の夏木マリー。 どちらかというと、”花魁”のイメージからは遠いイメージに見えた女優さんたちでしたが、文字通り体当たりの演技に圧巻。冒頭、粧ひのラブシーンにはちょっと度肝抜かれました。。。 これだけ魅せてくれたのも蜷川実花のチカラの成せるワザ。遊女の手口ぢゃないけれど、女優さんに対する手練手管をお持ちなのカモしれません。
 
 吉原モノの映画といえば、思い浮かぶのは五社英雄監督の『吉原炎上』。 廓の女たちがかなしくて、でも美しくてだいすきです。
 時代を経て、今回は女性監督が描く”吉原”。 押し倒して、帯といて、ハイ。みたいなお馴染み(?)のシーンは1カットもなく、遊女。オンナノコ目線での映画ということで、とっても新鮮な感じがしました。 ラブシーンのスタイル(?)も各花魁の性格や、その客との優越関係のようなものを表す工夫がなされているようですヨ♪フフ。 花魁役の女優さんたちも女性監督相手だとそういうおハナシも詰めやすかったんぢゃないのかなぁ。とか思ってみたり。
 『さくらん』を撮るにあたり、時代考証云々よりも、浮世絵を見たり、実際に吉原跡地をプラプラそぞろ歩いたり(笑)して、自分の目で見て、聞いて、感じたまんまを描こうとしたという蜷川監督。 「ある一枚の浮世絵に、遊女たちの休み時間を描いたものがあったんです。 火鉢の側でわいわいわいわい。 絵草子(今でいう雑誌)を回し読みしたり、煙管を吸ってたり、ネコをなでてたり、かりんとうをほおばってたり、客からの恋文を自慢してたり・・・。それを見たとき、ああコレは女子高と同じだな。って感じちゃって。 そういうのを出したいなー。と思って撮りました。」 。
 (爆)
 女子高。まさにまさに。 女の国という点では同じ。 そう思うと、時代云々一気に超え、キョリがちぢまるように感じますネ。 映画ではやたらかりんとうが登場します。これからご覧になられる方は、ナゼか皆がこっそり隠し持っているかりんとうチェックもお忘れなくー♪
 
 TVドラマの『大奥』見ても感じましたが、時代は違えど、やってることってみんなさほど変わらない。
 枠にはまらず自由に生きるきよ葉改め日暮。 世渡りのうまい完璧なキャリア・ウーマン 粧ひ。 落ち目になり間夫(まぶ)に捨てられてもすがってしまう哀しきオンナ 高尾
 三人の花魁たち。 どこかにいそうな女の子ばかり・・・って気がしませんか?
 時代モノとしてではなく、ひとりの女の子の物語として観てみたい作品です。
 要するに 文句があるなら、いつでもヴェルサイユへいらっしゃい のアントワネットと同じ趣向?
 
 公式サイト: 『さくらん』   
 
 
 <豆知識> ”間夫(まぶ)”になるのもタイヘン?
 間夫(まぶ)”とは、いわずと知れた遊女の恋人のこと。
 歌舞伎十八番『助六由縁江戸桜』に、遊女揚巻(あげまき)の「間夫がなければ女郎は闇。」というセリフがありますが、間夫を心の拠り所に遊女は廓でがんばっていたのです。
 間夫への愛の証に、刺青を彫ったり、小指を切り落として間夫へ送ったりしてたそう。そんくらいあちきはお前が好きでありんす。ということなのでしょうが、すごくコワイ。。。でもホントにそういうことやってたそうです。
 美しい花魁や遊女の心を虜にさせた間夫(まぶ)って果報もの・・・って思いがちですが、その想いが一筋だったりした場合、後がタイヘンです。 高尾花魁のケースしかり、万が一、他の花魁や傾城に心変わりしたとバレた途端、禿(かむろ)がその間夫を捕獲。 桶伏(伏せた桶に窓を開け、客を入れて道に晒す)刑に処したといいます。 こんな だったいうので、ものすっごく恥ずかしいものだったことでしょう。 またその客の髷を切ったり、鬢を剃いだり、眉を剃り落として復讐したりもしてたそう。。。 間夫になるのも、それはそれでタイヘンなのですねぇ。
 
 さらに<豆豆知識>
 今やコンビニでも売られている助六寿司 助六揚巻の恋からできたモノだってご存知でした? お稲荷さん(揚)+巻き寿司(巻)揚巻。なんだけど、まんますぎるのでその恋人の名前を取って”助六寿司”と名付けられたそうです。 シンプルなお寿司ですが、二人の恋を思って食べれば、味わいも深まりそう☆  

| | コメント (4)

2007年3月15日 (木)

入社式と懇親会のお知らせ

 のんきに『黒社會』のレイトショーに出掛けてる間にスゴイこと決断されてたんですネ。 V.I.Cの社長は。。。
 社長のご決断(笑)により、以下のように決定したようです。
 
 V.I.C入社式&懇親会 開催
 日時・場所: 4/6(金) 19:00開始予定 東京都品川区
           4/7(土) 17:30開始予定 神戸市中央区
 優先参加資格:V.I.C会員及びF4ever会員
 
 応募方法等の詳細については、 F4 フィシャルサイト VIC-FANCLUB.com 近日発表トカ♪ わくわく。
 
 最近、会議室内におもむろに登場しては皆をおどろかせているオチャメな社長・仔仔。 ちょうどこないだ「大阪でもファンミかサイン会をしてください!! 」って社員に問いつめられて、「ぼくは、計画中なんだけど。。。辛抱強く待ってておくれ!」(副長訳)と答えたばっかりで、もうご決断!はやっ!! 仔仔社長、なかなかのヤリ手ですな♪ すっかり行く気の組織員たちは、「やっぱ”入社式”やから、スーツかなぁ。」ナド、お洋服のシンパイなどしております。
 
 詳細はまだなので、今週末放映予定の『SmaSTATION!!』(3/24 23:00~ テレビ朝日 )のF4インタビューでも見てなごみましょうか。
 
 *****(3/16 追記)*****
 
 V.I.C.入社式と懇親会の応募受付がはじまりました☆
 ドリンク+ケーキつきでお値段が\4,500。 いつもよりお高めのイベントのようです。”参加希望者が、全員参加できるよう調整・・・”ってホンマかいな。。。 受付は3月20日(火)まで。 詳しくは上記オフィシャルサイトでご確認ください。
 
 追記ついでにお知らせ・・・
 先延ばしにされちゃった「SMAP×SMAP」の放送日が、4月16日に決定したようですヨー♪ めちゃ楽しみ!

| | コメント (5)

2007年3月14日 (水)

華麗なるお掃除ショー

 放映がはじまってもまだまだ続く、『熱情仲夏 (ぴー夏がいっぱい)』のプロモ活動☆
 13日は育達商職にて校園見面會が開催。 小綜小天五熊張毓晨小鬼の5人でわいわい盛り上げてきたようです。
 1_136 2_115
 
 
 
 
 
 なんで学校でイベントしちゃうのかは、台湾の七不思議のひとつ。。。
 
 学生さんとのゲームに負けてしまった出演者チーム。小綜がトイレのお掃除ブラシを手にショーを行う(爆笑走秀)という罰ゲームを受けちゃったそうで。。。(爆) 3_73 4_40
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 ジョセフの華麗なお掃除SHOW?  左に写りこんでる小鬼がちとキニナリマス☆
 
 海外のファッションショーにも出演したことのあるオトコとは思えぬ行動に会場は大爆笑だったみたい♪ 元モデルさんだから姿勢もいいわけで。そのまんまのモデル姿勢で、トイレをお掃除している姿・・・プププ。想像するだに楽しいですネ。
 
 今回のドラマで七変化(?)を魅せてくださる小綜。  『熱情仲夏』公式サイト にドラマのお写真がちょこちょこあがってきてます。
 5_24 6_12
   
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 ハマりすぎてる王子モード        これがウワサのエンジェル・ジョセフ?
 
 どれもこれもヤバイくらいにかわゆいゾー!!! はやく日本でもこのお姿を拝めますように。。。

| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

カンフー・バスケット?

 スマスマ版『流星花園』の放映が先延ばしになってしまったので、突然手持ちぶさこです。
 
1_135  
 昨日からはじまった
 も気になるところ♪ナノデスガ・・・
 ( 聯合報
  
 同じく映画『灌籃(ダンク・シュート)』がクランクイン☆ しばしごぶさたしてた杰倫のことナド追いかけてみました。
 朱延平監督の新作となる今作。 来年開催の北京オリンピックを盛り上げる作品に仕上げる。という意気込みのもと、3月9日 まだまだ寒い上海にて撮影開始。 寒風ふきすさぶ中での開鏡となったようです。
 撮影は3グループに分けて行われ、2ヶ月間を要する予定。 中華ならではのスピード撮影ですが、杰倫はダイジョブ???
2_114   
 
 
 
 
 
 
 
 
 長いことストーリーやそれぞれの役どころについて沈黙を守ってきたこの映画。 昨日行われた会見で、その内容がチラッと明らかに・・・
 劇中、杰倫が演じるのは、武術学校を追われ、放浪しているところをナゾの男・曾志偉(エリック・ツァン)に見込まれて、バスケットの達人への道を進んでゆく。という役どころ。 武術監督? 程小東に指導され、”旋風腿”の訓練に日々勤しんでおられるようです。 周星馳(チャウ・シンチー)の『小林サッカー』・バスケット版といった感じでしょうか? 脊椎炎を患っている杰倫は、薬を飲んで、難度の高いアクションに挑んでいるのだそう。 ガンバレ!杰倫!!
 ヴィジュアル面では、短かめのヘアスタイルを保ち、お衣装はおぼこめ。 紺のジャージ(上着)にニッカポッカ。踵を踏んだ白スニーカーを履いたり・・・と、まるで14、5歳の頃のような仕上がりになっているようですヨ。プププ
 3_71 3_72
 
 
 
 
 
 
 
 
 毛足みじかめ。
  
 
 出ました!冬の名物スタイル。フカフカ杰倫~♪   右・大きい画像でフカフカフワフワ度をご確認ください。
 
 自らも第一次作品『不能説的秘密』を監督し、その苦労を経験した杰倫。 「映画監督は人に非ず。 スーパーマンのようだよ。」トカナントカ。 今回の作品はまたちがったキモチで挑んでいらっしゃるのでは? ガンバルのはよいのですが、体にだけは充分気をつけてくださいネー。
 (新浪娯楽 1 2聯合報Tungstar(組図)Yahoo!映画ニュース

| | コメント (5)

2007年3月11日 (日)

神出鬼没のジョセフさん

 自らもそう留言していた通り、アチラコチラに出没されてたジョセフこと小綜。 新ドラマのプロモ中だったワケなのですが、すーリンピックの渦中だったため追いつけませんでした。。。 『熱情仲夏 (ぴー夏がいっぱい)』 の首播を今夜に控えた今頃ナニヲ? という感じですが、がんばる小綜たちのプロモ活動をまとめ☆
 
 3月6日 「命運好好玩」出演
 
10_2  お相手・夏芽役の五熊阮經天(小天)と共に番組PR。 ( 聯合報
 手相まで占われてしまったよう♪ 気になるケッコンについてみていただいた二人。 小綜は二本、小天は三本も結婚線が入っていたので、「コレはタイヘン!」と盛り上がったのですが、占いの先生に「結婚線は結婚の回数を示すのではなく、結婚するの機会を表しているんですよ。」と教えていただき一件落着したようです。くす。
  
 3月8日 「娯楽百分百」でボーリング♪
 
11_3  共演の信樂団(シン)のボーカル・阿信とボーリング対決☆ 結果は小綜惨敗だったそうな。。。(爆) ( 新浪娯楽 ) 
 小綜演じる累の友達役として『熱情仲夏』にご出演の阿信。 以前 ジョセフ小話・おまけ で小天のことを紹介したとき、小綜とタメはるデカさが話題になっていたのはこの方でしょうか、桐子さん? 台湾ロック界では有名な方らしいです。
 
ナルホドナルホドグループ名は聞いたことがあるような・・・ 台湾芸能界もまだまだ奥がふかーいですな。
 
 3月9日 台北試片會
 
12_1  台北美麗華5樓摩天輪廣場にて開催された試写会。
 小綜小天五熊の他、張毓晨小鬼が駆けつけ、ファンと試写を楽しんだようです。 ちょっと寒い日だったので、唐禹哲はカゼで来られず、小天は下着(パッチ?)をしっかり着込んでご出席。
 イベント後はサイン会も行われたのだトカ。
 いやはや台北の方々はシアワセですネー。
 
  
  13_1 5_13
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 カッコイイーもんくなく。       小天を見つめるおカオも見つめられてる小天もステキ☆
  
32_2  試片會でとりわけ気になった左のワンコ:英國牛頭犬(ブリティッシュ・ブルドッグ)PP
 
 ドラマにも登場するのでしょうか? 小綜にすっかりなついている様子。カワイイ やはり戌年男だから???
 なつかれすぎて、おしっこも彼のところでしちゃうくらいだそうです。(笑)
 
 
 
 牛頭犬=ブルドッグって中国語あってるのかなー? と何気に思い、由来を調べてみました。
 なんでも18世紀に雄牛(ブルを戦わせる試合が流行っていたとき、牛に対抗できる犬として開発されたのがブルドッグなんだそうですよー。 (マメマメ知識)
 
 今回のドラマで累役を演じる小綜。 いろんな姿を見せてくださるようです♪ 生後5ヶ月の赤ちゃんから小学生、18歳に至るまでこなし、妄想シーンでは吸血鬼になったり、浮浪者(?)に扮したり・・・第1集の今日は、天使に扮してくれてるらしい。 どんなドラマに仕上がっているのでしょ。楽しみです☆
 放映枠は高視聴率を記録した『花様少年少女』の後を引き継ぐようで、『熱情仲夏』も 同じ学園モノとして多くの人に楽しんでいただけることでしょう。 日本でもはやく放映してー!聯合報ent.tom新浪娯楽
  
 3月10日 宜蘭泡湯活動(←ナニソレ?!)
 
 これはドラマのプロモなのー???
 ファンシー連れて、宜蘭(イーラン)の温泉へ♪
 小綜と一緒にお風呂に入ってきたようです!
 ナヌー!!! 
 台湾の温泉は水着着用なので、ほぼ温水プール状態。 お湯をかけ合ったりしてずぶ濡れに。楽しそう。。。 小綜と遠出をしたい企画を密かに持ち込んでだワタシとしては、聞き捨てならないイベントですワ。
 
14_1  ホテルでいけないお戯れのまねごとをなさった小綜小鬼コンビ。 冗談でいろんな体位(?)を楽しんでたところへホテルの従業員がやってきて、ポカン。 ゲ○なんぢゃ・・・?と一瞬疑われた一幕もあったようです。
  りんごさんならではのネタですけど、爆!蘋果日報 ) 
 夜は場所を移して宜蘭首映會をこなしてきた小綜。 忙しく神出鬼没なジョセフですが、こういうリラックスしたイベント混じりだとなんだか楽しくてヨイな♪

| | コメント (2)

2007年3月10日 (土)

F4づくしの5日間

 東京で日本を席巻したF4は、8日に韓国入り。
 韓国ファンシーのお出迎えは600人ほどだったトカ。。。 押し合いへし合いでプレゼント攻撃に遭って大変だったみたいです。日本迷はお行儀がヨカッタと、小支さんからもお褒めの言葉があったようで♪ ヨカッタヨカッタ。自由電子報
 
 続いて昨日、ホテルロッテワールドにて台湾観光大使就任 記者会見が開催☆
 昨夜からネットに記事があふれかえっていたのですが、ハングルまったく?なので、一日遅れでレポレポいたします。
 
4_23 ジェリーヴァネスが黒でキメ。 Kenはグレイのスーツ。・・・仔仔をお召しになられていたようで。。。 短髪と共に、今回の仔仔スタイルには驚かされてばかりデス。でも似合う似合う♪
 
1_133  心なしか、韓国会見の方がステキな気がするんですけど。(気のせい???)
 場馴れして、リラックスしてたのかな? 突然スピーカーがハウリング(?)して大きな音を出したため、4人はビックリ。そして爆笑! それで緊張が一気にほぐれたのか、表情豊かで、動きがある写真ばかりですー。すてきすてき!
 
 来日時と同じく、台湾のオススメ名所とグルメについて語った4人。
 「(誰もまだ知らない隠れスポットは)我家ー!」と、東京で爆笑コメントを言った仔仔は、「今日は自分を戒めるため、ステージではあまりしゃべらないよ。」とかなんとかおっしゃっていたそうな。プププ。
 
 飛行機の席順から日本滞在時のホテル階層まで・・・今回はなぜかこの2組にクラス分けされてましたネ。
 5_23 6_11
  
 
 
 
 
 
    おんなじポーズ?           仔仔はみんなのアイドルなのです。
 
 会見では、さらに韓国明星とコラボしてのお仕事について質問が。
 ジェリーは『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク(崔岷植)。 仔仔はソ・ジソプ(蘇志燮)。 なんでも「彼はヴァネスみたく、ステキな一重をしているから!」だそうですワ。(笑) Kenは昨年『楚留香』で共演したチュ・ジャヒョン(秋瓷炫)が印象に残っているらしい。 KANGTA&VANNESSですでに韓国でも大人気のヴァネは、クォン・サンウ(権相佑)と共演してみたいんだトカ。 来日会見でもそういうコト訊いてほしかったなー・・・ 韓国会見の模様は 朝鮮日報 でもニホンゴで報じられていて、4人の影響力の大きさをあらためて感じました。
 
 台湾をPRしまくったF4。会見翌日にも関わらず、忙しい4人はそれぞれ飛び立って行かれた模様。あっという間に過ぎ去った楽しい楽しいF4づくしの5日間でございました。
1_134
 
 
 
 
 
 
 (3/11 聯合報 追記)
 この後上海でお仕事のハズだったジェリーは、その行程をキャンセルして返台。 仔仔&Kenの二人も同じく返台されるようです。 ヴァネだけがアフリカのチャリティーイベントに参加するため、一路香港へ。ケガは大丈夫なんでしょかねぇ・・・シンパイ。。
 またバラバラに散っていったF4が再び会するのは、4・22 台北イベント「Wish to see you in Taiwan!!」・・・ときに詳細はどうなっているのやら。。。つかれる。

| | コメント (0)

2007年3月 9日 (金)

もうひとつの流星花園

 昨日の記者会見を終えたすーの面々、その足で向かったところはフジテレビ。 各々一台ずつのバンで颯爽と「SMAPXSMAP」の収録へ向かわれたようです。
 最近某外国人俳優やら、某国のアジア明星さんやらやたらゲストに迎えられているスマスマ。 F4もてっきりビストロに出るものだとふんでましたが、 聯合報 の記事によるとチガウみたいですよーん。 プププ。
 以下、今すぐ知りたい!ショートケーキのいちごは真っ先に食べたい!という好奇心旺盛な方のみお読みください。
 
 
 
 コント『流星花園』☆ (爆!)
 
 F4+日本の宝・キムタクが、ジェリーと共に道明寺に扮し、慎吾ちゃんがスカートはいてデカイ杉菜を演じ、Wでもってデカイ杉菜を取り合う設定だトカ。くんが何らかのカタチで絡むそうですが、青和あたりでしょうか? ←ハマってますヨー。
 やっとゲスト出演なさるんだから、どーせなら思い切ったコントとかやってもらいたいなー。と思っていたので、これは楽しみ楽しみ♪ しかもこの台本、日本の宝・キムタクが考えたモノらしいですよ。 どんなのだろう???  月曜日が待ち遠しいです☆
 
 今回が初対面となる、日中の帥哥たち。
 キムタクがTVで見るよりずっとステキだと思ったジェリー。
 「カッコいいですね。」「いえいえ、あなたの方こそステキだよね。」
 二人で褒めあっていたそうな~。(爆)
 
 そんなこんなのコント『流星花園』。 3月12日(月) 「SMAPXSMAP」( フジテレビ )にてお披露目ですので、お見逃しなきよう。 (4月以降に放映延期となりました。 3/12)
 こんなステキな置きみやげを残し、4人は次なる会見地・韓国へ発ってゆかれました。私もようやく安眠できそうですー。ではでは晩安。。。

| | コメント (4)

2007年3月 8日 (木)

でた。(追記)

 ただいま来日中F4
 成田で大勢のファンに迎えられ明けて7日、F4台湾観光イメージキャラクター就任 来日記者会見」を開催されました。 メディアの数は300以上だったとか・・・どうりでニュースやワイドショーが見逃せないわけです。ふぅ。
 
 会見では、「母国・台湾の力になれてうれしい。台湾はとても人情味にあふれたところ。行かれたことのない方はぜひ一度体験してみてください。」とすっかり観光大使の4人が、それぞれ台湾オススメ情報をご紹介してくれたようですヨ♪
 
2_50  ジェリー故宮博物館。内部にお茶できるところがあるので、たくさんの台湾のお茶、お菓子も楽しめるよ。
 
 
 
3_34  ヴァネ:  美味しいものがいっぱい!オススメは蓮霧(ローズ・アップルとも呼ばれるりんご。冬の果物)。コレはまるで仔仔の鼻みたいな形をしているんだけど、とってもおいしいよ。???食べたコトないです。。。 他にも芭樂(グァバ)トマト飴マンゴー冰なんかもいいね。
 
4_22  Ken: 台湾は自然にあふれてる。南から北までそれぞれチガウので、みんなが知ってくれるといいな。
 オススメの台湾グルメは”豬油伴飯”。 地方によって味が異なる台湾の大衆料理なので、一度すべて味わってみたい。
 
5_9  仔仔: まずはニホンゴでごあいさつ。「你們好可愛!」・・・ナニ言ってるの~、仔仔??? 爆。
 オススメは宜蘭(仔仔の故郷デス)。山もあり水もキレイなところだよ。三日月型の海岸線が有名な蘇澳台北101もオススメ!
 
 仔語が理解しきれない私。(爆) ジアンパラダイス さん・ ライブ台湾 さんに、会見レポートがUPされていたので、そちらでご確認ください。(3/9 追記テイセイしました。)
 
 語りつくせぬ台湾の魅力は、来週放映予定の「SMAPXSMAP」でも引き続き紹介してくれる模様。 就任直後からお仕事しまくりの有能な観光大使さん F4☆ 彼らのPR活動により、台湾へ旅立たれる方もドッと増えそうですねー♪ 台湾へ行きたいわん。聯合報東森新聞
 
   ***(さらに追記)***
 
 会見時のお写真がゾクゾクあがってきてますねー。 メディアでの報道もバンバン。あまりにも多すぎて、本日のなるトモ録画に失敗してしまいましたワ。(わーん) お写真貼って気持ちを鎮めとこ。 
 1_65 2_53
 
 
 
 
 
 (聯合報 1 2毎日新聞 にもお写真がいっぱい♪
 
 今回お召しの黒とグレーのスーツはDolice and GabbanaDior Hommeのものだそう。 ヴァネのシャツには細かいフリフリがついていて、カワイイデス。 今回も日本人スタイリストHiroさんがコーディネイトしてくださったみたいですヨ。 4人共 めっちゃ好帥ー☆
 F4の台湾観光PR広告。そして期待のCMは、11月までには完成させる予定だそう。 その前に4月22日の台北イベントがありますね! 楽しみです♪・・・行けたらのハナシ。

| | コメント (2)

2007年3月 7日 (水)

きた。

 F4がお揃いで来日中!
 2年ぶりのお祭り騒ぎに、うちのCDプレーヤーも壊れてしまいました。(爆)
 ホントに4人で成田に降り立たれたんですねー。 ウソみたいー。。。
 1_62
 
  
 桃園空港を発つところ。
 
 
  
 
 久々に”F4”の姿を見ると、「好帥!全部都帥哥!!」 カッコイイですねぇ。 タイプちがいから、それぞれ最高の帥哥を取り揃えたすばらしきグループ♪
2_493_33  
 
 
 
 
 
0_5  
 成田ご到着時は、
 仔仔Kenヴァネジェリー
 の順で御成り。
 
 ( 東森新聞 3/7追記
 
 JERRY's BLOG にかわいいメッセージを残しつつもクールな表情のジェリー、ケガのため杖を使って歩くヴァネスや、「小心一點、小心後面。」とKen。
 注意深ーくお出迎えファンシーの前を進まれた3人に対し、仔仔はあろやかにお手振りまくりだったとか。(爆)
 
 久々に見たら、仔仔の髪型がえらく変わっていてビックリでした。 サングラスとったところもはやく見たいものデス。 かたや、先日ジャニーなLiveを観に来られていたジェリーのロンロンヘアーも新鮮☆ ちょっと痩せたカモ? おヒゲもサマになってるKen。 一番シンパイだったヴァネも、杖ついてるとは思えぬステキな立ち姿にホッ。でした。がんばるなぁ。。。東森新聞TVBS新聞
 
 空港には取材陣もどっさり集まって来られていたようですので、7日のF4台湾観光イメージキャラクター就任 来日記者会見」と共に、これからメディアにお目見えされる機会も多いはず。 7日ヨル放送の 日本テレビ 『NEWS ZERO』では、F4の来日が報じられるようですよー♪
 ニュースやワイドショーのみならず、バラエティ番組「SMAPXSMAP」出演の予定もあるトカ!!!( 聯合報 ) ビストロや歌のコーナーもいいけど、ホストマンブルースで、ヒカルさんと束で対峙していただきたいな。とあわーい期待を抱いていたりもします。もりだくさんで、なにやら楽しみ☆

| | コメント (6)

2007年3月 6日 (火)

いよいよ『熱情仲夏』

 ジョセフこと小綜の新ドラマ『熱情仲夏(ぴー夏がいっぱい)
 いよいよ今週末3月11日より、毎週日曜夜9:30より華視にて放映開始です☆  17日以降はGTV八大綜合台でもヘビィに放映される模様~。不完全ながら、ぼちぼちサイトも立ち上がってきましたヨ!⇒ 『熱情仲夏』公式サイト   
 高校生モデル 累役の小綜、ぴったりハマってそうで、放映が待ち遠しい☆ 日本で観れるのはいつなのでしょうねぇ・・・
 
1_61  放映前に、お約束のプロモ活動!
 オンエア日を翌週に控えたにちようび、「熱情仲夏慶元宵」なるイベントが開催されたようです。 共演の五熊(夏芽)、唐禹哲(田光禎)、張毓晨(歐陽)、小鬼(陳朗竹)と共に、小綜もモチロンご出席されてました。 アレ、小天はー? 
 
 慶元宵は旧暦の小正月のことだそうで、毎年各地で行われるランタン・フェスティバルが行われる台湾の祭日。 一度見に行ってみたいなー。トカほのかに思っているお祭りです。
 慶元宵にちなんで、イベントもお祭りモード。 おだんごを作ったり、ランタンをみんなで手にしてみたり、楽しそう♪ ドラマもこういう雰囲気で楽しめるモノだといいなぁ。
 2_48 3_31  
 
 
 
 
 
 
  
おだんご、いかが~?
 
 
 
 結構長期だった日本滞在明けの小綜、メディアに登場されるのはごぶさたデス。 日本滞在中のおハナシもされてたみたいですヨ♪
 以前からゴージャス。とウワサの銀座のマンション暮らし。 外出の際は積極的に周りの会話に耳を傾けリスニング。日本語のトレーニングをしていたそうです。 ある日、小学生(?)の女の子に日本語で話しかけてみたものの、意味が通じず、母親にヘンな顔をされてしまったエピソードや、お店のおじさんに外国人とは気づかれず、うまく言葉がしゃべれないひとだと勘違いされていたことなど、語ってくれてました。
 最近メキメキと日本語力を上げてきている小綜。 自分では”小学生レベル”だと思っているらしく、まだまだ勉強しなくっちゃ。と意気込みをみせていたようですが、小学生くらいがカワイくてイイんだけど・・・。 ( 東方娯楽聯合報

| | コメント (0)

2007年3月 5日 (月)

続・ヴァネがシンパイ。成田もシンパイ。

 3月3日に行われた「VAN NESS WU マレーシア演唱會」前のリハで右足をケガしたと聞き、ステージがシンパイでした。 報道写真を見てますますシンパイに。 だって杖ついてるんですものー! ホントにダイジョブだったの??
 
1_131  オープニング曲「身體會唱歌」でステージに現れたヴァネ。 はじめ迷たちは、白い杖が演出か何かだと思っていたようです。 歌い終わってヴァネがコトの顛末を報告。 「今日、もし君たちの応援がなければ、100%のステージを魅せることができなかったよ。」と、英語・ニホンゴ・韓国語で、各国のファンに語りかけたよう。
 
 
 
  
 お医者さまは、ヴァネのケガの様子を見て、すぐに公演を取り消し、市街地の大病院で検査してもらうことを薦めたそうですが、ヴァネは「たとえ松葉杖をついたとしても、約束通り公演をこなします。」と言い張ったらしいです。 お医者さまは仕方なく、炎症を取り除く針治療を施し、急場をしのぐ処置をしたのだとか。 ソロLiveに懸けるヴァネのキモチ。意志の強さ。ファンに対する真摯な姿勢をひしひしと感じました。
 
 ステージでのヴァネスは、臨機応変に杖をダンスに取り入れ、走ったり跳んだりできないことも見事にカバー☆ 杖を振る動作があまりにサマになっているので、「練習した?」と思われていたようですが、幼い頃にハマった雙節棍(ヌンチャク?)の影響でうまくこなせたらしいです。 やはりなんでもやっとかなアカンのですねぇ。
 
3_70  コンサも佳境を迎える頃。ヴァネも慣れてきたのか、ケガの影響もあまりみられなくなってきた頃。 やはりファンシーのお待ちかねは、ヴァネのガタイ披露です☆ きゃー♪ 
 6曲目の「Rasta」を歌う際、ヴァネは白シャツでセクシーなダンスを魅せ、ついにはそのシャツを引き裂き・・・出たー!  
 
  またしてもキレイに絞ってきましたね。
  おなかワレテル・・・♪
   
 
2_113  きゃぁきゃぁ熱狂する迷たちを誘惑した後は、東京ヴァネコンでも魅せてくれた「Kissing a Fool」を☆ 選ばれた一人のためにヴァネがやさしく歌いあげた模様。
この曲のヴァネはステキすぎる。カッコよすぎるので、クアラルンプールに行ったわけでもないのに、ドキドキしてしまう私です。(笑)
 
 
 
 
 盛り上がってきたところで、今回もゲストで駆けつけてきてくれたヴァネのお友達: 李玖哲(ニッキー・リー)がご登場☆
 「あっ! 彼が着替えの衣装を忘れてった。今頃、真っ裸でいるかもね~♪
 (爆) クアラルンプールでも笑いをしっかりとって来られたニッキーに、ヴァネも癒されたことでしょう。。。
 
 ケガのことなど忘れたかのように、跳びはね、ダンスをするヴァネス。 最後はニッキーと一緒に会場を盛り上げました☆ 「彼が跳べば跳ぶほどうれしくて楽しんでしまいました。足の傷のこともしばらく忘れてしまったよう。」とヴァネママもご満喫のLiveだったようです。
 ケガしても、みんなのためにがんばりぬいたヴァネスってすごい☆ でも次回に備えて、今はしばし養生。。。 また元気に踊ってくれるのを楽しみにしていますヨ♪ ( 聯合報新浪娯楽Tungstar
 
 さて。 ヴァネのみならず、F4お揃いで来日☆
 ウソのようなハナシですが、明日の午後、同じ飛行機でお越しになられるようです! スターなので、ここはファーストクラス。仔仔Kenと。ジェリーヴァネスとお隣同士の座席らし。 ( 自由電子報なんでそんなことまでバレてるんでしょうかねぇ。。。(汗) 
 明日の成田はえらいことになるんぢゃ・・・??? 警備側も厳戒態勢を施くようです。でも3回だけお手フリするって約束を取りつけているそうでー♪(爆) お出迎えの方、押したり走ったり事故のないよう、安全第一で迎えてあげてくださいネ。
 成田に行けない関西人は、おとなしくワイドショーチェックでもしてよーっと。。。

| | コメント (4)

2007年3月 4日 (日)

ヴァネがシンパイ

1_130  昨夜、マレーシアはクアラルンプールで行われた
 ヴァネスのソロコンサート
 Van ness Wu One night in Genting 雲頂演唱會
 さてさてどんなだったのかなー・・・って巡っていてビックリドッキリ。
 
 ヴァネ、ケガしちゃったのーーー???
 
 
 
 コンサート前のリハーサルで、「身體會唱歌」を歌って階段を降りていた時、誤って踏み外し、右足を痛めてしまったとか。。。 聯合報 で報道されています。
 
 激しいダンスは行わないよう、ドクターストップがかかってしまったため、公演の内容を調整し直さざるおえず、ヴァネは得意のダンスを全力で魅せることができなかったそう。
 アメリカで過ごしたお休みの間は、ハンバーガーやアイスを食べてたのでちょっとぷっくりした。って言ってたけど、今回のコンサートに向けて、毎日毎日鶏肉と野菜、あるいはタマゴ(オムレツ?)だけの食事メニューをこなし、健康もコントロール。以前のキレイなガタイにキチンと戻してきたヴァネス。 ママはヴァネのために、漢方メニューも作ってあげていたらしいです。
 自分のLive。アルバムづくりや写真集撮りの際もそうですが、仕事に対し万全すぎるほど自らをつくり上げてくるひとなので、今回の事故のこと、くやしかっただろうな。うまく踊れなくて歯がゆかっただろうな。いろいろいろいろ考えてしまいます。
 それでもヴァネは、足の痛みにも負けず、見事マレーシア公演を成し遂げた。って信じてます。きっといつもの笑顔で皆と楽しんできたハズと。
 会場には、ヴァネのママやお姉さんたち。マレーシア以外に、中国・香港・日本・韓国・シンガポール・タイ・インドなどたくさんの国からファンシーが駆けつけたそう☆ 行かれた方のレポレポでヴァネの勇姿、確認させていただかなくちゃ。。。 あとゲストのニッキーの歌声もネ♪

| | コメント (2)

2007年3月 3日 (土)

新たな才能

 クアラルンプールで行われているヴァネのソロLive☆ 今頃はどんな盛り上がりを魅せているのでしょ♪ お留守番組はおとなしくおかえりレポを待つばかり・・・。
 彼の地に想いを馳せつつもコチラはコチラ。 来日してくれた小綜の日本再発見☆ 今回は特にカッコよかった、C-POP「Made In ASIA ジョセフの一期一会」第四弾”和のおもてなし 前編の番組レポなど、書きつけておきますネ。 ネタばれしちゃいますので、未見の方はご注意ください。
 
 「よろしくおねがいしまーす。」 ニホンゴごあいさつもキチンとこなせるようになった小綜が、今回お勉強するのは、”和のおもてなし”。 指宿の旅館 白水館 の女将さんよりご指南を受け、いろいろ学んで来られたようです。
 
 前編は、華道に挑戦☆ この旅館では、女将自らが毎日各部屋のお花を活け、お客様をお迎えしているのだとか。 いざ、小綜もおもてなし♪ ということで、さっそく華材探しに出かけてゆきました。 季節に合ったすすきや、冬枯れの葉が残る木枝のみならず、道端の小さな草花に至るまで余すことなく収穫。 華道初挑戦の小綜は、女将の言うことをよーーく聞いて、丁寧に手を加えカタチを整えてゆきます。
 
 いよいよ投げ入れ。お花を花器に合わせ、3パターン活けてゆきます。加油=!
 実は華道部に在籍したこともある私。 投げ入れが大の苦手でした。 入れても入れてもくるくるくるくる。。。動き回り、なかなか言うことを聞かないお花たちに手こずった記憶が・・・。 ところが小綜は・・・すごい☆ 「言うこと聞いてねー。」と言いながら、ひとつひとつ見事にお花を投げ入れてゆくので、ビックリです。
 先生にお手伝いしてもらいながらも、最後の仕上げは自分の手で。 「ごめんなさーい。(キレイに活けてあげるからね。)と言いながら、草花を適当な長さにカット。小綜なりにアレンジを加え、無事完成。
 無事・・・というか、コレがものすごく芸術的な仕上がりだったんですヨ。 一同「ステキー!」「センスがありますよ。」と大絶賛☆
 褒められたー。ハイ。褒められるとやはりうれしいもんです。
  「秋をイメージ。」「例えば、いけばな自体は静止しているけれど、(このあたりに)葉が落ちてゆく導感を表すよう工夫しました。」 と、途端に饒舌になる小綜。(爆) はじめてなのに、いっぱしの華道家のよう♪ なんでも”一枚の絵画を描くような気持ちで”活けてみたそうですよ。
 
1_128  絵を描くことも、お花もまた芸術。
 要はセンスひとつなのですね。
 センスといえば、過日スペインで行われたスポーツブランドのショーに、亜州モデル代表で参加しても、欧州モデルたちに引けをとらない着こなしを魅せた小綜。お洋服を見れば彼のセンスは一目瞭然であった。 「欧州に行ってきます。何でかはヒミツヒミツ。。。」って言ってたのは、このことだったのカナー?聯合報 ) 
 新たな才能を魅せてくれたジョセフが、またひとつステキにみえるこのごろです。
 
  大切なコト。
  それは、いつでも真の気持ちでもって、人と接すること。
 
 小綜の想いがいっぱいこもった作品。 このお華に迎えられるお客様はシアワセですね。 次回、後編では指宿名物・砂むし風呂のお手伝いに挑むようで、プププ。今から楽しみです♪

| | コメント (2)

2007年3月 2日 (金)

ちょこっとフランス史② Les Normands

 錯綜する台湾イベント情報に右往左往しておりましたが、現在は小康状態。。。 それはそれでブキミですが。(笑) 来週のお祭りを前に、なおざりになっていたフランス史のつづきなど。 本日は、ノルマンディーのお話です。
 
 ノルマンディーといえば、カマンベールはじめ、たくさんのチーズにりんごのお酒・カルヴァドス。 木組みのお家が立ち並ぶカワイイ街並み・・・いろんなイメージがありますが、この地は、第二次世界大戦を終焉に導いたノルマンディー上陸大作戦が行われた地であり、さらに遡ると、1204年フランスに併合されるまで、ヴァイキングが建国したノルマン公国があった地方。 歴史的に奥ふかーいところなのです。
 Cotentin半島を東へ。海岸にほど近いところに位置するBayeux(バイユー)Office de Tourisme de BAYEUX )という小さな街に、有名なタペストリーがあるのをご存知でしょうか?  
 ノルマンディ公 Guillaume(ギィヨーム)が、ヘイスティングスの戦いに勝利し、英国王・ウィリアム1世となるまでを刺繍で描いたもの。 ウィリアム英国王(征服王)の王妃の手によるものから、「王妃マチルダのタペストリー」と呼ばれています。 高さは50cmと小さいながらも、全長70mにも及ぶ長い長いタペストリー。 元々は大聖堂の壁に飾られていたものだそうですが、戦火を逃れ、製作から数世紀経ても色あせずほぼ完全なカタチで残っているのはまさに奇跡☆ まったく歴史を知らなかった私でしたが、マンガ・・・もとい、絵巻物語のようなそのストーリーに魅入ってしまいました。
 
 どんな物語も愚か者が一人いるだけで盛り上がる・・・というもので、このタペストリーにも一人、ハロルドというひとがキチンとキャスティングされています。このひと、ウィリアムの義兄弟なのですが、なにやら波乱万丈の生涯だったようで♪ タペストリーと共に追ってゆきましょう。
 
1_  死期を予感したエドワード英国王が、ノルマンディー公ギィヨーム(ウィリアム)を次期王位継承者として選び、それを伝える使者にハロルドを遣わすところからはじまりはじまり。
 
 ハロルドの一行は、船でドーバーを越え、一路ノルマン公国を目指します。
 
 ・・・が、風で流されて、船は隣国に漂着。英国人のハロルド一行は、何ヤツ?!と、いきなり逮捕!(爆)
2_tvrold_1  それを聞いたウィリアムは身代金を支払い、身元引受け人に。 おかげでハロルドは無事釈放~♪
 このシーンにひそかに登場している”Turold”さん。 当時は時の人、「ローランの歌」の作者なんですよ。 隠れキャラ♪
 
3_  助けられた上、ウィリアムの娘までお嫁にもらってしまったハロルド。 恩に報いるため、コナン(ブルターニュの一公国)との戦いでウィリアムを助けます。
 かの有名なモン・サン・ミッシェルもここで登場! 当時は陸の孤島だったんでしょうねぇ。。。
 
4_  コナンとの戦いを征し、意気揚々と帰途。 バイユーに着いたところでようやく使者の役割を果たせるハロルド。 聖遺物に手を置き、ウィリアムに誓いを立てます。
 
 
5_  
 英国に戻ったハロルドを待っていたのは、エドワード王の
 
 
 
6_  ウィリアムへの誓いはどこへやら・・・???
 これに乗じて、ハロルドの戴冠式?! 勝手に英国王になってしまいましたヨ。 オイオイ・・・
  
 
7_  その直後、なぜか空にはハレー彗星が・・・! (爆)
 なんというタイミングで飛んできちゃったのでしょう。。。
 
 
 臣下国民が「凶兆だ。」「不吉だ。」とざわざわざわ。やっぱり悪いことはできませぬ。 個人的には、ココのハロルドの驚き顔がお気に入り。・・・マンガのようです♪ププ
 
8_  その頃、ノルマン公国では、ハロルドの裏切りをウィリアムが知ったところ。
 奪われた王位を取り戻すため、ウィリアムはいざ英国へゴー!
 
 戦いの前に祝宴など開き、正統派ゆえに余裕。。。 「おごれるものは久しからず。」と言いますものねぇ。 ちなみにこのシーンから当時の食生活も偲べたりできるので、歴史的にも貴重な資料となっているらしいですヨ。
 
9_  ヘイスティングスの戦い
 馬上の騎士の躍動感が伝わってくるようです。
 これぞ中世・・・
 
 
10_  一時、ウィリアム負傷説が流れますが、「わたしは無事だ。」と自ら兜を脱ぎ、皆に健在を示したウィリアム。 ノルマン軍の士気はここでまた一気に盛り返してきたんだそうな。
 
11_  ここまできたら、もはや一環のオワリ。
 ハロルドは敵の矢を受け、息絶えます。
 きゃー。目にささってるし。
 裏切り者の末路ってとってもイタイのですね・・・
 
 
 現存するタペストリーはここで終わっていますが、1066年にヘイスティングスの戦いを征したノルマン公ギィヨームは、征服王ウィリアムと呼ばれ、英国王となるわけです。
 あはれハロルド。
 ま、でも自業自得とはまさにこのこと。 人のものを勝手に取ったらあきません。 ・・・おかげで楽しませていただきました♪ ※タペストリーの全編は コチラ でどうぞ。
 
 「王妃マチルダのタペストリー」は、フランス三大タペストリーのひとつとも言われているそうです。 ロワール地方Angers(アンジェ)「ヨハネの黙示録」は知らない間に見ていたので、あとひとつ。 パリのクリュニー美術館でかの有名な「貴婦人と一角獣」を拝めば、制覇カモ。。。

| | コメント (4)

2007年3月 1日 (木)

文句があるなら、いつでもヴェルサイユへいらっしゃい

 ・・・と耳にしただけで、どこの伯爵夫人の捨てゼリフなのかわかる方!
 そんな『ベルばら』大好きファンからはあまりウケがよろしくなかったり、カンヌではブーイングが起きてしまったり(お披露目時の様子は コチラ・・・賛否両論入混じりの新作『マリー・アントワネット』。 ちょっとドキドキしながら見てきましたー。
  
Ma_wp03s_1  
 とりあえずガーリー
 お花の模様。
 レースにフリフリ。羽かざり。
 
 
 
 ロココ一色の世界の中、だいすきなピンクとターコイズブルー、ときに母后も愛したテレジアン・イエローなんかも身にまとい、皆の視線を一身に。あまーいお菓子に囲まれて午後のティータイム。夜は賭け事なんかして、明け方近くまで大騒ぎ。たまーにパリへお忍びでお出かけしたり。
  手をのばしさえすれば、何もかも手に入ってしまう。
 そういう状況におかれれば、みんなマリー・アントワネットのようにはっちゃけちゃったハズ。 アントワネットがルイ16世からプレゼントされたという、ヴェルサイユのプチ・トリアノン宮をこの目で見たとき・・・そう思いました。
 今回ソフィア・コッポラ監督が描いたのは、そういう無邪気な一人の女の子の物語です。 ↓以下ネタばれもありますので、これから観る方はお控えください。 
 
 オープニングクレジットでいきなりやられた・・・。
 ロックな曲に、パンクなデザインのクレジット! これからはじまるのは、まちがっても歴史大作ドラマぢゃないワ。と、洗礼。 曲使いの点では、同じくパリの仮面舞踏会シーンでの選曲もぶったまげましたネ。 仰々しいバロック音楽でかしこまっているよりも、こっちの方がすんなりと。アントワネットがうきうきしている気持ちとか、身分とか儀礼とかそっちのけで楽しんぢゃえ!って雰囲気が、時代を超えて伝わってきてヨカッタです。
 現代風とのRemixは、小物にも。
 ズラーーーッと並べられた靴(Manolo Blahnik)。その間にコソッと、コンバースが映り込んだりする・・・そうです。 実は後でシリマシタ。がーん。
 うず高く積まれてるお菓子の中でもとりわけ目がいくマカロンは、 LA DUREE のもの。監督のお気に入りだそうですヨ。かくゆうワタクシもここのマカロンの虜ですー 
 
 いつもとチガウといえば、ダンナさま。ルイ16世も。
 ジェイソン・スワルツマン。ソフィア監督の従兄弟さん。 ローマン・コッポラのデビュー作『CQ』に出演されてたらしいですが、この方、ルイをとってもかわいーく演じてらっしゃいました。
 狩猟。そして錠前づくりにしか興味のない国王。今流行り(?)のちょいオタくんが錠前の歴史について、あつーく語る姿はなかなか。。。(爆) チビでデブで社交性のかけらもなく、アントワネットとはとってもぢゃないけどつりあわない男・ルイ。 フェルゼン伯との悪評に悩み、悲壮感すら漂うのが常のルイを、ただただ実直。ただただ不器用・・・というまっすぐなイメージで描き出していたので、好感が持てましたね。
 ルイがチャーミングすぎて、逆にフェルゼンがただの軽薄男に見えた・・・。アレ? ま、今回はアメリカーナが描いたロココな物語だったということで。。。 ホントのフェルゼンは Axel de Fersen. の往復書簡(Correspondance)でご確認を♪ 最後の最期までアントワネットを想い続けた真摯なフェルゼン伯の姿が垣間見れます。 Filmographieにさっそく今作も載ってきてました。はやいっ! 興味深々なので、ちょっとずつ読み耽ってみようと思ってます。
 
Ma_wp02s  そしていつもと全くちがう
 マリー・アントワネット。
 キルスティン・ダンストがラブリーに演じてくれました。
 
 彼女はウィーン(母后マリア・テレジアは、まさかのマリアンヌ・フェイスフル!)からお輿入れしてきたわけですが、キルスティン版のアントワネットの様子を見ると、アメリカ西海岸からやってきた女の子なんぢゃないかってくらいのLost in Translationぶり♪ 儀礼づくしのフランス宮廷生活を時にはくすくす。時には悔し涙で乗り越えて、一生懸命自作自演のオペラなんて歌ちゃう。そういうひたむきな姿がほほえましかったです。
 フランスではあまり評判のよろしくない王妃・アントワネットですが、私はやっぱりニクみきれないなぁ。 結局のところ、彼女はとっても素直なひとだった気がするから。思ったことをスグ口にしたり、やっちゃったり。 そしてやっちゃってから過ちに気づくわけですが・・・。(笑) そういうのって、アントワネットくらいの歳の女の子なら当然のこと。 異国の地で、国母にもなれず、淋しくて不安で孤独で。。。そういうことから逃れるようにどんどんどんどん遊んでしまった。 そして最も悲劇的なことに、母となり、王妃という自分の立場をようやく理解したその矢先、イチもニもなく断頭台に向かうしかなかった。。。 映画では宮殿に詰めかけた暴徒に対峙し、バルコニーで頭を垂れるシーンが見られますが、最後の最期のそのときまで、気高く、エレガントで、最も王妃らしく逝った。と伝記には記されています。
 そういう彼女の一生を見て、ソフィア・コッポラがなぜ映画を撮ろうと思ったのか。わかる気が。。。 『The Virgin Suicides』『Lost in Translation』の主人公たちと同じなんですよね。王妃の一生ではなく、時代を超え少女のキモチ”を描いたというわけ。 なので、少女時代にお別れを告げた瞬間に映画はエンドクレジットを迎えるのです。 
 『The Virgin Suicides』を思えば、最期まで描いた方がヨカッタんぢゃない?とも思いますが、それだと歴史背景を描かざるおえず、ただの歴史大作になってしまいかねないので、コレでワタシはヨカッタって思います。もう歴史は追わなくても皆わかってますから。(笑)
 ストーリーより、アントワネットが駆け抜けたデカダンな日々を満喫☆ ソフィアならではのメランコリな映像の下、AIRのふわふわした音楽が流れる中、夜明けまで騒いで、アントワネットと朝焼けを見たかのような気分になれましたヨ♪ほほ。
 
 映画の公開後、ツーリストが増えたというヴェルサイユでは、昨年よりマリー・アントワネットの香水を再現し、販売中☆ 「Ma Sillage de la Reine(王妃の残り香)は、王妃愛用品だけにお値段もそこそこです。(笑) 興味のある方は ヴェルサイユ宮殿 HP でチェックしてみてくださいねー。
 
 映画公式サイト: マリー・アントワネット.

| | コメント (8)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »